News Release

平成13年7月4日

既存のLAN環境を利用して各種施設情報管理を実現する
ファシリティーマネージメントソリューション

施設管理システムの販売開始について


 NTT西日本では、中小規模事業所向けに、OA機器をはじめとする各種事務機器やビル内設備の管理、さらには、土地や居室管理等をPCサーバを利用して既存のLAN環境で一元的に行い、効率的な保守・運用業務を実現するソリューションサービスである施設管理システムを平成13年7月6日(金)から販売開始します。


1.背景
 各企業における機器設備等の施設管理業務を効率化するシステムは、これまで管理対象が広範囲な大規模事業所においてオーダーメイドシステムとして導入されていましたが、ITの導入が進みつつある中小規模事業所においても、パッケージシステム等を利用して、低価格で業務の効率化を図りたいというニーズが高まってきています。
 さらに、システム導入の目的も、機器設備毎の施設管理や資産管理の効率化に加え、機器設備の更改・点検・修繕等の計画の最適化やビル内入居者の苦情・修理履歴管理等のお客様向けサービスの充実・強化等、幅広くなってきています。
 このような市場ニーズに応えるソリューションサービスの必要性から、今回施設管理システムを開発したものであります。


2.商品の概要
 本ソリューションのシステムは、Webブラウザを用いることで簡単かつスピーディーに操作ができるとともに、データの入力、編集、検索やCAD図面とマニュアル等をリンクさせた施設の一元管理、さらには、設備更改などの事業計画や保守点検計画の策定等を可能とします。
 また、「標準パッケージ」に加え、「オプションパッケージ」を用意しており、各管理機能を複数のコンポーネントに分割して提供することにより、お客様が必要とする機能のみを組み合わせて低価格かつ短期間にシステムを構築することができます。

主な構成品 施設管理ソフト(標準パッケージ)、PCサーバ(Windows2000対応)、Oracle(5ユーザライセンス) ※1、ChartFX ※2、AutoCADソフト ※3
対応ブラウザ Microsoft Internet Explore 4.01以上、Netscape 4.05以上
販売開始日 平成13年7月6日(金)
標準販売予定価格(注) 約500万円〜
販売地域 全 国
販売目標額 5億円/年
(注) ユーザライセンスやオプションソフトの追加等、お客様のご要望やシステム環境により価格が異なります。
※1:Oracle ・・・ Oracle社のリレーショナルデータベースソフトウェアの登録商標。
※2:ChartFX ・・・ グラフを作成するソフトウェア。SoftwareFX社の登録商標。
※3:AutoCADソフト ・・・ 図面情報を処理するためのソフトウェア。Autodesk社の登録商標。


3.特徴
(1)優れた操作性
Webブラウザ上で全ての電子ファイル(文書、図面、写真等)の入力、編集、検索、出力ができるので、編集を行う際に、ファイルの出し入れや、アプリケーションソフトを立ち上げたりする煩雑な作業を必要とせず、簡単かつスピーディーに操作できます。
複数のCAD図面などの図面ファイルをリンクさせて一元的に管理することができるので、ビルの外観図面からフロア図面、そして居室図面へと、リンクを通して簡単に見ることができます。
機器設備更改計画、保守点検計画等の立案に必要な管理資料を一覧表や各種グラフにして、簡単に作成できます。
ユーザIDとパスワードによるセキュリティのほか、アクセス権限を3段階に設定して、強固な重要情報の管理ができます。
定期的に作成する文書や図面等の独自フォーマットを事前に作成し登録しておくことができるので、簡単に文書や図面を編集することができます。
(2)柔軟な拡張性
一般的なパソコンではWebブラウザが標準でインストールされているため、専用アプリケーションソフトのインストールを行うことなく、利用端末を増加させることができます。
オプションパッケージとしてとして、多数のアプリケーションソフトをラインアップしているので、必要なアプリケーションだけを選択して、システムを拡張することができます。
データベースソフトに汎用DBMS(データベースマネージメントシステム)を使用しているため、他システムとの連携が可能です。
(3) 低価格
既設のLAN環境をそのまま活用し、サーバ側の工事のみでシステムが構築できるので、工期の短縮と低価格化が実現できます。


4.システム概要
(1)標準パッケージ
<1> 機器設備管理 ・・・ 機器設備の仕様、設置場所、購入(リース)契約、固定資産、保守契約等の情報が管理できます。また、設置場所、リース契約満了時期等から検索し、機器設備一覧を画面表示したり、レポート(帳票、CSV形式ファイル)出力することもできます。
<2> 機器設備
メンテナンス管理
・・・ 機器更改計画、定期点検計画と実績、故障履歴、メンテナンス実績等の情報が管理できます。
<3> ビル管理 ・・・ ビル仕様、ビル設計業者、ビル改修履歴等の情報が管理できます。
<4> フロア区画管理 ・・・ ビル内各フロアの面積等の区画情報や改修履歴等の情報が管理できます。
<5> 土地管理 ・・・ 借地面積、借り主等の情報が管理できます。
<6> 居室管理 ・・・ 家賃、入居者情報、苦情履歴等の情報が管理できます。
<7> 業務支援 ・・・ 各管理機能別に保存した全ての文書ファイルや図面ファイルから、「設計書」、「契約書」などのファイルの分類や設置場所名で検索や一覧表の出力ができます。
(2)オプションパッケージ(各管理機能別に導入可能)
<1> 在庫管理 ・・・ 各種部品、備品、消耗品等の在庫数を管理し、事前に設定した数値を下回った場合にアラームで自動通知し、お客様が所有する発注システムと連携することができます。
<2> プロジェクト管理 ・・・ 案件毎の収支、進捗状況、担当者等の情報が管理でき、お客様が所有する経理システムとのデータ連携ができます。
<3> 受発注管理 ・・・ お客様からの受注処理、購買先への発注処理ができます。また、お客様情報や業者情報等と連携し、各種契約書や発注書等を効率的に作成できます。
<4> 顧客管理 ・・・ お客様住所、購入履歴、苦情等の情報等が管理できます。
<5> 従業員(人事)管理 ・・・ 正社員、パート、アルバイト等の従業員情報の管理ができます。
<6> 貸借管理 ・・・ 各種機器の貸出予約、貸出状況、返却日等の情報が管理できます。


5.今後の予定
 施設管理と関連する様々な業務を効率化したいというお客様ニーズに対応するため、財務管理業務等のオプションパッケージを追加開発していく予定です。



トップへ戻る
Copyright(c) 西日本電信電話株式会社