News Release

平成13年4月6日

「ハローページ(50音別電話帳)」の発行方法等の
見直しについて


 NTT西日本及びNTT東日本は、この度、「ハローページ(50音別電話帳)」について、お客様のご利用傾向の変化や環境への配慮の観点から、発行方法を見直します。

 具体的には、ハローページの個人名検索のご利用傾向を考慮し、「個人名編(個人のお名前)」については、事前にお客様のご要望を確認したうえで生産し、ご希望されるお客様へのみお届けするよう見直します。そのため、現在一冊の「ハローページ」を「個人名編(個人のお名前)」と「企業名編(お店・会社名)」とに分冊し、発行することとします。
 また、これを機に「ハローページ」の発行周期をこれまでの18ヶ月から12ヶ月に短縮し、「タウンページ(職業別電話帳)」と同周期とするよう見直します。


1.見直しを実施する背景
(1) 携帯電話の急速な普及などに伴い、お客様が「ハローページ」を用いて個人名を検索する機会が減少していること。
(2) 個人の電話番号について、電話帳への掲載を希望されないお客様が多くなっていること。
(3) 環境への配慮として、「地球環境にやさしい電話帳」の取り組みを推進しており、回収した古電話帳から新しい電話帳を作成する循環型リサイクル(クローズドループリサイクル)を実施していますが、紙資源の節約に向け電話帳発行の適正化に、更に努めていく必要があること。
(4) 横浜市版(平成12年11月発行)及び大阪市版(平成13年2月発行)において、新しい発行方式を試行的に実施したところ、お客様から高い評価を得たこと。

2.見直しの内容(別紙参照)
 「ハローページ」を「個人名編」と「企業名編」に分冊し、「個人名編」については、事前にハガキ等により、ご希望を確認(詳しくは4項 ご希望の確認方法をご覧ください)した上で生産し、ご希望いただいたお客様へのみお届けするよう見直します。(「企業名編」及び「タウンページ」については、これまでどおりお届けします。)
 ただし、事前にご要望が無かった場合でも、「個人名編」が必要となった時点でお申し出いただければ、お届けします。
 なお、現在18ヶ月の発行周期となっている一部地域の「ハローページ」については、分冊化を機に12ヶ月に周期短縮化を図り、より新鮮な電話帳として「タウンページ」と同時期にお届けします。
一部政令指定都市等、すでに「個人名編」と「企業名編」の分冊を実施している地域があります。

3.見直し実施時期
 平成13年7月発行版から実施します。
 ただし、「ハローページ」と「タウンページ」の発行周期が異なる版については、「ハローページ」と「タウンページ」を同時にお届けする時期に併せて実施しますので、版により、見直し実施時期が異なります。
NTT西日本: 平成13年7月発行/京都市版、岡山市版から実施
NTT東日本: 平成13年7月発行/千葉県版、新潟県上越地域版から実施

4.ご希望の確認方法
 事前に電話料金請求書等に同封する返信用ハガキによりご要望いただくか、タウンページセンタへご連絡いただくことにより実施します。
 【お客様からのご要望受付先】
「タウンページセンタ」 (受付時間/平日午前9:00〜午後5:00)
  電話での受付 : 0120−506309
  FAXでの受付 : 0120−817548

5.その他
(1) 一部例外として、分冊した場合、ページ数が極端に少なくなる電話帳については、お客様の利便性や製本技術面等の影響を考慮し、企業名編と個人名編の分冊を行わないエリアがあります。(ただし、発行周期は12ヶ月に統一します。)
(2) 「タウンページ」と「ハローページ」が合冊されている「タウン&ハローページ」については従来どおりの発行です。



【 別紙 】 「ハローページ(50音別電話帳)」の発行方法等の見直しについて


トップへ戻る
Copyright(c) 西日本電信電話株式会社