「お知らせ」
平成12年11月22日
西日本電信電話株式会社


フレッツ・ISDN用「ISP接続制御装置」の取り替えについて


 NTT西日本では、先般の故障(9月24日から9月28日にかけ断続的に発生)の際、故障回復のため、フレッツ・ISDN用「ISP接続制御装置」を緊急避難的に、社内の技術検証用として使用していたISP接続制御装置に取り替えて使用しておりますが、フレッツ・ISDN網の信頼性を高めるため、同ISP接続制御装置を最新の装置に取り替えます。その日程が決定しましたのでお知らせいたします。
 なお、本件については、NTT西日本のホームページでもお知らせいたします。


  ○取り替え日時     平成12年11月28日(火) 午前3時〜
ISP接続制御装置の取り替えには、約1時間程度かかりますが、サービス中断は発生しません。



( 参 考 )
     <ISP接続制御装置取り替えに伴う背景>
当初の予定(10月17日報道発表)
お客様へのサービスを中断(30分程度)し、ISP接続制御装置を11月13日に最新の装置に取り替える。
取り替え方法の変更(11月10日報道発表)
お客様の便宜を考え、サービスを中断せずにISP接続制御装置を取り替える方法を採ることとし、その検討・検証を行なうため、取り替え日(11月13日の予定)を延期する。
今回(11月22日報道発表)
最終的な検証が終了したので、ISP接続制御装置の取り替えを実施する。



トップへ戻る
Copyright(c) 西日本電信電話株式会社