News Release

平成12年7月17日

「空いたらお知らせ159」、「ナンバーお知らせ136」等の提供開始について



 NTT西日本およびNTT東日本では、電話をかけた相手の方がお話し中の際、簡単なダイヤル操作で登録しておくと、お話しが終了した時点でその旨を音声でお知らせする「空いたらお知らせ159」、および簡単なダイヤル操作により最後にかかってきた相手の方の電話番号等を音声でお知らせする「ナンバーお知らせ136」を平成12年9月20日(水)から提供開始することとし、本日、郵政大臣に届出を行いました。
 どちらもご利用毎に料金をいただくタイプのサービスで、事前のお申し込みは不要です。
 また併せて、従来より提供している「ナンバー・アナウンス」の機能を拡充します。


1.「空いたらお知らせ159」

(1)サービス概要

 電話をかけた相手の方がお話し中の際、いったん電話を切ってから「159」に続けて「1」を押して登録しておくと、相手の方のお話しの終了を確認した時点でサービス利用者を呼出し、お話しの終了を音声でお知らせするサービスです。
 なお、お知らせを聞いた後、いったん電話を切ってから「159」に続けて「3」を押すことにより、相手の方にかけ直しすることもできます。

<ご利用方法>

1.「空いたらお知らせ159」(1)サービス概要<ご利用方法>

注:具体的な操作手順は別紙1を参照

<ご利用上の注意>

○利用料金をいただく契機
利用料金は「159」に続けて「1」を押し、電話番号の登録ができた時点でかかります。
○登録対象にならない電話種類や電話番号
登録対象にならない電話種類等:INSネット、携帯電話・PHS、ダイヤルイン契約の電話
登録対象にならない電話番号:フリーダイヤル・ナビダイヤル等の電話番号なお、チケット予約等で大量の通話が相手の方に集中した場合等、登録できない場合があります。
○お話し終了のお知らせ
相手の方がいったんお話しを終了後、すぐに電話をご利用の場合には、その通話が終了した後にお知らせします。
45分以内に相手の方のお話しが終了しない場合はその旨をお知らせし、電話番号の登録を終了します。お知らせは1回です。この場合も利用料金はいただきます。
お話し終了のお知らせにお出にならない場合には、以降5分おきに3回までお知らせします。3回お知らせしてお出にならない場合にも利用料金はいただきます。
お知らせの際は、電話機を通常とは異なる短い呼出し音で呼出します(電話機によっては通常の音と同じ場合もあります)
○かけ直し
かけ直しには通常の通話料金がかかります。なお、相手の方がすでにお話し中の場合もあります。

(2)提供回線

加入電話(単独電話)、INSネット
注:一部交換機の種類等により提供できない場合があります。

(3)提供料金

1回の電話番号の登録につき30円(月額使用料、工事費は不要)

(4)提供地域

全国(NTT西日本、NTT東日本のサービス提供地域)

(5)提供開始日

平成12年9月20日(水)


2.「ナンバーお知らせ136」

(1)サービス概要

 着信があった後「136」に続けて「1」を押すことにより、最後にかかってきた相手の方の電話番号等を音声でお知らせするサービスです。なお、お知らせを聞いた後、続けて「3」を押すことにより、相手の方に折り返し電話をかけることもできます。

<ご利用方法>

2.「ナンバーお知らせ136」(1)サービス概要<ご利用方法>

注:具体的な操作手順は別紙2を参照

<ご利用上の注意>

○利用料金をいただく契機
利用料金は「136」に続けて「1」を押した時点でかかり、電話番号をお知らせする場合のみ利用料金をいただきます。
○電話番号をお知らせできない通話
「184」等で発信者の方が電話番号を通知しない通話、公衆電話からの通話、国際電話等
○折り返しの通話
折り返しの通話には通常の通話料金がかかります。

(2)提供回線

加入電話(単独電話)
注:一部交換機の種類等により提供できない場合があります。

(3)提供料金

1回の電話番号のお知らせにつき30円(月額使用料、工事費は不要)

(4)提供地域

全国(NTT西日本、NTT東日本のサービス提供地域)

(5)提供開始日

平成12年9月20日(水)

(6)「利用規制」のお申し込み方法

 お客さまのお申し込みにより、本サービスのご利用をできなくすること(「利用規制」)ができます。「利用規制」の際の工事費は不要です。
 お申し込みは、平成12年8月1日(火)より局番なしの116および営業窓口で承ります。


3.「ナンバー・アナウンス」の機能拡充

(1)サービス概要

 従来より提供している「ナンバー・アナウンス」でお知らせできる電話番号の数を、これまでの1番号から5番号に拡大します。「ナンバー・アナウンス」は「ナンバーお知らせ136」と異なり、月額使用料をお支払いいただくことにより相手の方の電話番号等のお知らせを何度でもご利用いただけます。
 併せて「ナンバー・アナウンス」と「ナンバー・リクエスト」(「184」等で電話番号を通知しないでかけてきた相手の方に対しておかけ直しをお願いするサービス)との組み合わせ契約を可能とします。

<ナンバー・アナウンスのご利用方法>

<ナンバー・アナウンスのご利用方法>

注:具体的な操作手順は別紙3を参照

<ナンバー・リクエストのご利用方法>

<ナンバー・リクエストのご利用方法>


(2)提供回線

加入電話(単独電話)

(3)提供料金

・月額使用料住宅用、事務用ともに300円(従来と同額)
・工事費1契約者回線ごとに2,000円(  〃  )


(4)提供地域

全国(NTT西日本、NTT東日本のサービス提供地域)


(5)提供開始日

平成12年9月20日(水)


(6)その他

現在ナンバー・アナウンスにご契約のお客さまは、自動的に記録番号数が5番号になり、ご利用方法が変更になります。なお、新たな工事費は不要です。
記録番号数の拡大に伴い、切替直前まで記録されていた電話番号等は消去されます。
ナンバー・リクエストのご利用にあたっては、ご契約と月額使用料(住宅用200円、事務用400円)、工事費(2,000円/回線)が必要です。



(別紙1)「空いたらお知らせ159」の主な操作手順
(別紙2)「ナンバーお知らせ136」の主な操作手順
(別紙3)「ナンバー・アナウンス(機能拡充)」の主な操作手順
参考



トップへ戻る
Copyright(c) 西日本電信電話株式会社