News Release

平成12年3月16日

資材調達センタにおけるISO9001認証取得について


 NTT西日本資材調達センタでは、本日、財団法人日本規格協会(略称JSA)から品質保証の国際規格である「ISO9001」の認証を受けました。
 メーカー等の設計・製造業務等に適用するのが一般的なISO9001を、電気通信事業者の資材調達という卸業的な業務に適用する例はほとんど無く、新しい試みとなります(※1)。

 同センタでは今回のISO9001取得前から、物品の要求・調達を行うにあたり、ISO9001に準じたNTTグループ独自の品質管理(NQAS ※2)を実施し、サプライヤを調査・評価するなど、購入物品の品質保証に努めてまいりました。
 一方、物品の要求元である支店(法人営業部門)や設計部門においても、ISO9001の認証取得が進んでおり (13事業所・H12.2.21現在)、全社的に標準化されたシステマティックな調達業務の流れを構築する方向にあります。

 今回、同センタがISO9001を取得したことにより、「サプライヤ − 資材調達センタ − 要求元:支店(法人営業部門)・設計部門」の間で、情報通信設備等における設計から機器製造、納入、据付けまで一貫したISO9001のサプライ・チェーン(資材供給体制)が構築されることとなり、より効率的な資材調達体制が確立できるものと考えています。

 資材調達センタでは、高度化、多種多様化、グローバル化しつつある調達物品に対して、スピーディで柔軟かつ効率的に調達業務を実施できるよう、今後もISO9001に基づき、目標設定と実績管理、責任と権限の明確化等、標準化、効率化をいっそう徹底していきます。


【ISO9001認証取得までの経緯】

平成11年5月 認証取得のための活動開始
平成12年2月 登録審査
平成12年3月 認証取得


※1財団法人日本適合性認定協会(JAB)のホームページから推定。同センタのISO9001認証取得が登録されることとなる予定の「卸売業、小売業、並びに自動車、オートバイ、個人所持品および家財道具の修理業」の業種分類では、平成12年3月16日現在、電気通信事業者の登録はありません。
※2NQAS:New Quality Assurance System between first and second parties の略
「NQAS」とは、サプライヤの生産活動を、ISO9001規格に基づき調査・評価するNTTグループの品質管理方式です。


トップへ戻る
Copyright(c) 西日本電信電話株式会社