NTT西日本 情報機器ナビゲーション
HOME コンシューマ向け製品 ビジネス向け製品 サポート情報 ダウンロード サイトマップ オンラインショップ
ダウンロード
HOME > サポート情報 > ダウンロード > フレッツ・光プレミアム/Bフレッツ/フレッツ・ADSL対応端末 > Web Caster 700
Web Caster 700

Web Caster 700 ファームウェア Ver2.2 (2004/03/16)

機能追加内容

ファームウェア Ver2.2

   マルチセッション利用時の動作について、安定化を図りました。


ご注意

  • ファームウェアは更新後は、内部機能が変更されるため、設定値が消去されてしまいます。また、旧バージョンで保存した設定データについても、新しいバージョンで復元させることはできません。後で再設定できるように、ID、パスワード等の設定内容をメモしてからバージョンアップを行ってください。

  • バージョンアップ完了後は、ルータの動作を安定させるために工場出荷状態への初期化(Initスイッチを押しながら電源を入れ、10秒程度たってStatusランプが消灯したらInitスイッチを離す方法)を行ってください。

  • ファームウェアのアップデート中は絶対にルータの電源を落とさないでください。最悪の場合、ルータが起動できなくなり、使用できなくなってしまう場合があります。もしファームウェアのアップデートに失敗した場合には、「アップデートユーティリティ」をご利用ください。

  • ファームウェアのアップデートは、必ずネットワーク管理者に相談してから実行してください。また、ファームウェアのアップデート中は、ルータとの通信ができなくなりますので、ルータを使用して通信をおこなっているユーザに対して、あらかじめ通信ができなくなることを知らせてからファームウェアのアップデートを実行してください。

バージョンアップ方法

  1. 本商品の設定内容 (ID・パスワードやフィルタ情報など) をメモします。
  2. 以下のファームウェアを右クリックして、「保存」を選択し、ご利用のPCのデスクトップ等にダウンロードします。
  3. 設定画面の「Status」画面より「ファームウェア更新」をクリックします。ダウンロードしたファイルを指定して、バージョンアップを開始します。詳しくはこちらをご覧ください。
  4. 画面の指示にしたがって、バージョンアップを進めます。
  5. バージョンアップ完了後は、本体背面のInitスイッチを押しながら電源をいれ、10秒程度たってStatusランプが消灯したらInitスイッチを離すことにより、初期化 (工場出荷時の状態に戻す) を行ってください
  6. 本商品の設定画面を開いて、最初にメモをした内容にあわせて、各種設定を行ってください。
バージョンアップ方法、初期化方法については、お手元の取扱説明書をあわせてご覧下さい。


取扱説明書・追加分

 バージョンアップによって追加された機能の取扱説明書 (追加分) をご覧いただけます。
Get Adobe Reader 上記の取扱説明書をお読みいただくためには、Adobe Readerをインストールしていただく必要があります。最新版のAdobe Readerのダウンロードとインストールについてはこちらをご覧ください。


ダウンロードファイル

「ファームウェア Ver2.2」の部分を右クリックし、「対象をファイルに保存」等を選択してダウンロードしてください。




アップデートユーティリティ

通常は設定ユーティリティ(Web 設定画面)のメニューからファームウェアのアップデートが可能ですが、メニューが表示できない場合やハードウェアが起動しなくなった場合は、以下の専用ファームウェア更新ユーティリティを使ってファームウェアをアップデートしてください。
  ご注意
  • ユーティリティの対応OSは、Windows XP/2000/Me/98SecondEdition のみとなります。
  • アップデートユーティリティ用のファームウェアは、専用のものとなります。通常の設定画面から行う場合のファームウェアでは、ファイル形式が異なり使用できませんのでご注意ください。


バージョンアップ履歴

 ファームウェア Ver2.1 (2003/10/27)
     機能向上内容はこちらをご覧ください。


 ファームウェア Ver2.0  (2003/06/30)
     機能向上内容はこちらをご覧ください。


 ファームウェア Ver1.1
   (2003/04/30)  約 744KB
  • マルチPPPoE 設定において、接続するセッションを指定する画面を追加しました。
  • UPnPの設定において、UpnPを使用するセッションを指定できるようになりました。
  • マルチPPoEの「セッション2 接続先設定」において、IPアドレスの範囲指定(下位4オクテット分)ができるようになりました。
  • クライアントPCのワーム感染による多量な不正パケットに対し、監視機能を追加しました。


Copyright (C) 西日本電信電話株式会社
ご意見・お問い合わせ プライバシーポリシー Copyright (C) 西日本電信電話株式会社