NTT西日本 情報機器ナビゲーション
HOME コンシューマ向け製品 ビジネス向け製品 サポート情報 ダウンロード サイトマップ オンラインショップ
ISDN対応端末
HOME > コンシューマ向け製品 > ISDN対応端末 > INSメイトFT80btワイヤレスセット

INSメイトFT80btワイヤレスセット
商品概要 主な仕様
INSメイトFT80btワイヤレスセット

拡大

本体と子機との無線区間に最新のワイヤレス通信規格であるBluetoothTM を採用したワイヤレスターミナルアダプタです。
フレッツ・ISDN対応  
ナンバー・ディスプレイ対応 i・ナンバー対応
  Windows Mac
OS
95 98 98SE Me 2000 NT4.0 XP
本体 RS-232C - 7.6〜X
USB - - 8.6〜X
FT80bt
アダプタ
- - - -
最新のOS対応については、こちらをご覧ください。

販売価格

販売終了
TOPICS

2007/07/31
ファームウェアVer1.21を公開しました。詳細はこちらをご覧下さい。

2002/05/17
PlayOnlineTM でご利用のお客様へ


主な機能
DSU内蔵
(切り離し可)
MUX
通信
ワイヤレス
パソコン接続
BluetoothTM
対応
128K
通信
LCD RS-232C
データポート
×1
USBポート
×1
S/Tポート
×1
アナログポート
×2


主な特長
Bluetooth対応
世界標準のワイヤレス通信規格「BluetoothTM」を採用しました。従来のPIAFS TAでは無線区間が最大で58.4kbit/sでしたが、FT80btでは720kbit/sと無線区間の伝送速度が格段に向上しました。

最大3台のパソコンから同時通信可能なMUX通信機能搭載
1本のBチャネル (64kbit/s) を利用し、最大3台のパソコン (親機:USBポート×1、RS-232Cポート×1、子機:USBポート×1) で、同時にインターネットにアクセスできます。また、MUX通信中でも、残りの1本のBチャネルで電話等が利用できます。
(詳しくはこちらをご覧下さい)

PCからのUSB給電で動作可能
FT80btアダプタは (ワイヤレス子機) USB給電で動作しますので、外部電源への接続の必要がないため、完全ワイヤレスを実現しました。また、約19mm(H)×約115mm(D)×約45mm、約100gと小型・軽量タイプです。

FT80btアダプタからの128kbit/s通信 (MP通信)
PIAFSでは64kbit/s通信のみでしたが、BluetoothではFT80btアダプタに接続したパソコンからでも128kbit/sが可能です。

イージーウィザード機能
パソコンの画面に表示されるガイダンスに従って、USBドライバやモデム定義ファイルが簡単にインストールできます。

お出かけ設定ボタン
お出かけ設定ボタンを押すと自動的に転送の開始/停止ができます。なお、本機能を利用するためには、INSボイスワープ/INSボイスワープセレクトの契約が必要です。また、転送条件は、かかってきた電話を無条件で転送する「無条件転送」のみとなります。

その他
i・ナンバー (3番号) 対応
INSナンバー・ディスプレイ
INSキャッチホンディスプレイ
FAX無鳴動着信

TOP


注意事項
 Bluetooth™関連
(1) FT80btアダプタでワイヤレス通信できる範囲 (電波の届く範囲) は、INSメイトFT80btから見通し距離で約100m以内です。ただし、100m以内でも、周囲の環境や壁の構造により通信できない場合があります。
(2) INSメイトFT80btやFT80btアダプタの設置場所がコードレス電話機や電子レンジなどの電波を放射する装置に近すぎるとデータ通信が切れる場合があります。また、通話にノイズが入ったり、ファクスのデータが正しく送信できないことがあります。このような場合は数メートル以上離して使用して下さい。
(3) 本商品と同じ無線周波数を利用する無線機器を同時に使うと、転送速度の低下、伝送エラーが発生して正常に動作しない場合があります。
(4) FT80btアダプタをBluetoothTM 機能内蔵パソコンや他のBluetoothTM 機器と接続しているパソコンに接続しないで下さい。パソコンのBluetoothTM が利用できなくなる場合があります。
(5) INSメイトFT80btやFT80btアダプタは、他のBluetoothTM 機器とは互換性がありませんので、それらとは接続して利用することはできません。

通信関連
(1) INSメイトFT80bt、FT80btアダプタとも同期64kbit/s、またはMP (128kbit/s) に対応していますので、インターネットを利用する場合には、それらに対応しているインターネットプロバイダとの加入が必要です。なお、非同期V.110、PIAFSはサポートしておりません。
(2) 以下の場合、MUX通信は利用できません。
 
A.  MP通信に設定している場合
B.  標準セットのFT80btアダプタと増設したFT80btアダプタにそれぞれ接続したパソコンからの2台同時通信 (※子機を複数接続しても同時に通信できるのは1台のみです。)

 FT80btアダプタ関連
(1) FT80btアダプタはUSB給電で動作しますが、使用しているパソコンの環境により、給電が不足する場合があります。その場合はパソコンから単独でFT80btアダプタに接続するか、外部電源付のUSBハブなどを通じて接続して下さい。
(2) パソコンのスタンドバイモード、サスペンド機能が動作したときは、データ通信ができなくなる場合がありますので、スタンドバイモード、サスペンド機能を使用しないで下さい。
(3) 1台のINSメイトFT80btには標準セットのFT80btアダプタを含めて、最大10台まで登録することができますが、複数台で同時にはできません。通信できるのは1台のみです。
(4) INSメイトFT80btワイヤレスセットに標準セットのFT80btアダプタを利用するには、INSメイトFT80btに接続されたアナログ電話機と、FT80btアダプタ接続ユーティリティを使って、事前に以下のような登録作業が必要です。FT80btアダプタを増設する場合も同様です。
 
1.  暗証番号の設定
・電話機から登録用の暗証番号を設定します。
2.  パスキーの登録
・電話機とFT80btアダプタに接続されたパソコンからパスキー (共通の数字) を登録します。
3.  ワンタッチ接続の設定
・FT80btアダプタ接続ユーティリティを使って、INSメイトFT80btとFT80btアダプタをワンタッチで接続するための設定を行います。
(5) FT80btアダプタをWindows2000及びXPでご利用の場合、OSのログオフ機能やユーザ切替機能はご利用できません。

 
TOP

Copyright (C) 西日本電信電話株式会社
ご意見・お問い合わせ プライバシーポリシー Copyright (C) 西日本電信電話株式会社