このページの本文へ移動

ここから本文です。

ホーム の中の 企業情報 の中の 地球環境保護活動 の中の グリーンNTT西日本戦略
Pinterestで画像をPinする
Google Plusで+1する

NTT西日本の環境経営について

Green NTT West strategy グリーンNTT西日本戦略

2012年6月に「グリーンNTT西日本戦略」を策定し、電力使用量の適正化をはじめとして、環境負荷低減に全力で取り組むことを宣言しています。「グリーンNTT西日本戦略」では、2020年度に向けた環境目標である「環境グランドデザインの達成」、「環境・エネルギー事業の展開」、そして「生物多様性保全活動の推進」を三本柱として掲げています。

環境グランドデザインの達成 環境・エネルギー事業の展開 生物多様性保全活動の推進

電力使用量、紙使用量削減、廃棄物最終処分率低減により自らの環境負荷低減に貢献

具体的な目標値については、こちらをご参照ください。

ICTを利活用した環境負荷低減社会に貢献

  • ・太陽光パネルの発電量を見える化する「エコめがね」や太陽光発電に適した敷地に、メガソーラーを建設する等、再生可能エネルギー普及を推進しています。
  • ・ICT技術と不動産を利活用した展開では、環境を身近に感じていただけるよう水耕栽培型レンタル農園「みえ〜るエコ畑」や屋外型「みえ〜る菜園」を展開中です。

地域と連携し、植樹を核とした生物多様性保全活動の推進、ICT利活用の展開(西日本の全府県で、1万人規模の活動に)

  • ・地域主体と協力して、植樹活動を核とした「NTT西日本みどりいっぱいプロジェクト」を全府県、1万人規模での生物多様性保全活動を目標として、活動しています。

関連サイト

つなぐそれは、ECO
毎日出来る環境貢献

ページの先頭へ