このページの本文へ移動

ここから本文です。

ホーム の中の 企業情報 の中の 地球環境保護活動 の中の 生物多様性保全(みどりいっぱいプロジェクト) の中の みどりいっぱい活動報告 の中の LINE 247 糸島市福井海岸松林保全活動
Pinterestで画像をPinする
Google Plusで+1する

LINE 247 糸島市福井海岸松林保全活動

平成29年9月30日、NTT西日本福岡グループは、福岡県糸島市二丈福井の福井海岸にて、今回で7回目となる松林保全活動を実施しました。

この取り組みは、平成26年8月より導入された糸島市のアダプト制度を利用し、糸島市から割り当てられた区画を養子(アダプト)に見立て、白砂青松の景観を取り戻すために継続的に活動を行なうものです。

当日は快晴の中、糸島市アダプト事業管理業務の委託団体である「松林保存会」ご協力のもと、福岡グループからは社員とその家族、総勢102名が作業に取り組みました。参加者は松林を松くい虫被害から守るために、枝拾い・松葉掻き・草刈りを実施し、美しい松林を維持することができました。

前回、4月に活動を実施した際、市のご担当者様から本活動の継続的な取り組みによって、福井海岸を彩る松林で松くい虫の被害に遭う樹木は、年間1〜2本程度と大幅に抑えられていることを教えていただきました。

また、活動中に直径3センチ程の松露(しょうろ)を2つ見つけ、希望者に持ち帰ってもらいました。
松露は海岸沿いの松林に生える食用キノコで発見の難しさと環境悪化のため、今では希少価値が高い幻のキノコと言われており、これを見つけられたのも下草刈りなどを継続して行っている活動の成果と思われます。

NTT西日本福岡グループは、今後も自治体などと連携を深めながら、グループ一丸となって「みどりいっぱいプロジェクト」を推進してまいります。

実施会社
NTT西日本九州事業本部、NTT西日本福岡支店、NTTビジネスソリューションズ九州支店、NTTマーケティングアクト九州支店、NTTフィールドテクノ九州支店、NTTネオメイト九州支店、NTTビジネスアソシエ西日本九州支店
活動場所
福岡県糸島市二丈福井 福井海岸松林
参加人数
102名

関連サイト

つなぐそれは、ECO
毎日出来る環境貢献

ページの先頭へ