このページの本文へ移動

ここから本文です。

ホーム の中の 企業情報 の中の 地球環境保護活動 の中の 環境年次報告 の中の 環境年次報告2016 の中の 環境会計
Pinterestで画像をPinする
Google Plusで+1する

環境会計

Accounting 環境会計

NTT西日本グループでは、環境保全への取り組みを効率的かつ効果的に推進するために、2000年度より環境会計を導入し、事業活動における環境保全のためのコストと、その活動により得られた経済的コストを集計・分析しています。これらによって得られたデータは、環境経営を推進するための基礎データとして活用しています。

  • ※環境保全コストは、企業の環境保全対策を行うために必要となった投資と費用のコストを表しています。投資は減価償却資産への投資の中から、環境保全を目的とした投資に関するコストであり、費用は、環境保全を行うために発生したコストを表しています。
    環境保全コストは、1.事業エリアコストから6.環境損傷コストまでを対象としています。
  • ※環境保全効果(経済効果)は、環境保全を進めた結果、処分費用の削減や、有価物の売却益等企業経営に対する経済的効果を表しています。
    環境保全効果(経済効果)は、1.省エネルギーによる費用削減から4.電子化に伴う郵送費削減までを対象としています。
環境保全コスト
2015年度の投資は、空調・照明および交換機の更改がなかったため、0.7億円(2014年度 29.1億円)となりました。
2015年度の費用は、建築工事や撤去通信設備廃棄物の処理コストの削減が図れたものの、PCB処分費用がやや増加したため、62.2億円(2014年度 60.2億円)となりました。

分類 2015
投資 費用
事業エリア内公害防止コスト 27.0
事業エリア内地球環境保全コスト 0.7 0.2
事業エリア内資源循環コスト 0.01 32.1
上・下流コスト 0.8
管理活動コスト 2.1
研究開発コスト
社会活動コスト 0.016
環境損傷コスト
0.7 62.2
環境保全効果(経済効果)
2015年度の環境保全効果(経済効果)は、106.4億円(2014年度 107.2億円)となり、昨年度実績を下回りました。

分類 2015
省エネルギーによる費用削減 19.4
リサイクルにより得られた収入源 14.5
撤去通信費 41.7
オフィス内廃棄物 1.4
電子化に伴う輸送費削減 29.4
106.4

関連サイト

つなぐそれは、ECO
毎日出来る環境貢献

ページの先頭へ