このページの本文へ移動

ここから本文です。

ホーム の中の 「スマート光チャレンジ」が「MM総研大賞2017 話題賞」を受賞

「スマート光チャレンジ」が「MM総研大賞2017 話題賞」を受賞

MM総研大賞2017話題賞受賞 西日本電信電話株式会社(以下、NTT西日本)が、アライアンスパートナーと連携し、ICTを活用した取り組みを展開しております「スマート光チャレンジ」が、優れたICT技術で積極的に新商品、新市場の開拓に取り組んでいる企業を表彰する「MM総研大賞2017」において、「話題賞」を受賞しました。

 「スマート光チャレンジ」は、様々な技術・ノウハウをお持ちのアライアンスパートナーと連携し、バイタルデータ収集・分析によるココロの状態の「視える化」や、位置情報を活用した新たなイベントの楽しみ方を提供する等、未来の可能性の実現に向けた取り組みになります。

 NTT西日本は、今後も「スマート光チャレンジ」をはじめ、ICTによる社会課題の解決や、新たな文化の創造に貢献してまいります。

受賞内容

MM総研大賞2017 話題賞 「スマート光チャレンジ」

MM総研大賞2017 話題賞 「スマート光チャレンジ」

「スマート光チャレンジ」 取り組みについて

「スマート光チャレンジ」については、以下のホームページをご参照ください。

http://www.ntt-west.co.jp/ikouze/

参考

<MM総研大賞について>

 「MM総研大賞」は、ICT分野の市場、産業の発展を促すきっかけとなることを目的に、株式会社MM総研が2004年に創設した表彰制度です。2017年度の今回が14回目になります。優れたICT技術で積極的に新商品、新市場の開拓に取り組んでいる企業を表彰するものです。

MM総研ニュースリリース

<話題賞について>

 「話題賞」は、ICT産業に大きなインパクトを与え、大きな話題を集めた製品・サービスを対象とする。16年度の話題性などに加え、今後のICT業界全体への影響度の大きさも評価基準とする。個人消費者およびビジネスユーザーを対象としたインターネットアンケート(1,500件)を基に選出された製品・サービスに関し、外部有識者を含む審査委員会が、「話題性」や「今後のICT業界への影響度」などを選考基準に、「話題賞」を選定する。

審査 17-545-1

ページの先頭へ