このページの本文へ移動

ここから本文です。

ホーム の中の 本社組織の見直しについて

本社組織の見直しについて

2018年3月30日
西日本電信電話株式会社

 NTT西日本はデジタル変革を進め、“レガシーモデル”からの脱却に向けた社内システムの抜本改革及び、サイバー攻撃の高度化への対応・ガバナンスの強化、AIを中心とした最新技術のノウハウ蓄積と展開の強化を図ることを目的に、以下のとおり本社組織の一部見直しを実施します。

1.概要

 NTT西日本は、お客様サービス(PSTNサービス等)のマイグレーションに連動した社内システムの大規模な再構築、及びAIやビッグデータ等を活用したデジタルトランスフォーメーションへの対応を目的とし「デジタルイノベーションセンタ」を設置します。
 また、サイバー攻撃の増加・高度化・巧妙化への対応ならびに、NTT西日本グループ全体のサイバーセキュリティに関する防衛力・ガバナンスの更なる強化を目的とし、「サイバーセキュリティ戦略室」を設置します。
 更に、新技術によるサービス創出・将来NW検討等の取組みを強化していくことを目的とし、「研究開発センタ」を「R&Dセンタ」に名称を変更した上で、新たなビジネスモデルの構築に向けた検討を進めてまいります。

  • ※ 従来のResearch (研究、調査)に加え Revitalize (活性、創生)・Renovation(刷新)の意味も包含

2.実施時期

2018年4月1日

≪別紙≫NTT西日本の組織図

ページの先頭へ