このページの本文へ移動

ここから本文です。

ホーム の中の 同一市外局番であっても市外局番からダイヤルが必要な場合があります

同一市外局番であっても市外局番からダイヤルが必要な場合があります

 同一市外局番であってもMA(単位料金区域)が異なる場合は市外局番のダイヤルが必要となりますので、ご注意ください。

同一市外局番の地域において、同一市外局番であってもMA(単位料金区域)が異なる場合は市外局番のダイヤルが必要となりますので、ご注意ください。

  • (注)MA(単位料金区域):固定電話が市内通話料金(昼間3分間8.5円<税込8.925円>)で相互通話ができる区域
    (上記●●・▲▲はMA<単位料金区域>名)

確認したい府県を選択してください

【北陸地方】

【東海地方】

【近畿地方】

【中国地方】

【四国地方】

【九州地方】

ページの先頭へ