We are Professional. さぁ、行こうぜ!
Professional interview05
仕事を最後まで完璧に、それがプロ。

地域の通信を支える仕事。経験と勉強を積み重ねています。

私は地域の通信回線が集まる施設の保守整備を仕事にしています。「電話やインターネットが繋がらない」といった回線トラブルを回復します。お客さまにご不便をおかけしているので迅速な対応が求められるのですが、普段なかなか壊れない装置にトラブルが発生すると「どうやって直せばいいんだろう」「どんな部品を持っていけばいいんだろう」とまだ迷ってしまうこともあります…経験がとても大切で、むずかしい局面では先輩の知恵を借りたり、チームの総力ですみやかに解決していきます。

確実な作業こそ何よりもお客さまのお役に立てること。

すべてにおいて正確な作業が求められます。なぜなら一箇所でも間違うと、トラブルが回復しません。当たり前にできている工程も見逃さず、ひとつひとつ指さしチェックを心がけています。それを怠る「近道行動」をして、痛い目にあうこともあります。結局はお客さまのご迷惑になってしまいます。私たちが扱っている装置の基盤の中で、多くのお客さまが繋がっている。重要な仕事をしているんだと、いつも心に留めています。

通信は繋がって当たり前。24時間、365日、トラブルに備えます。

故障はいつ発生するか分かりません、たとえ家にいても、トラブル発生時には昼夜を問わず駆けつけます。時間に関係なく地域の通信回線が繋がらない状態で放置してはおけません。ここで呼び出されるということは、プロとして信頼されているということなのでもっと現場で活躍したいと思っています!故障の内容を聞いただけで、どういう対処をすればいいかすぐ判断できる、そんなプロになりたいです。