このページの本文へ移動

ここから本文です。

ホーム  NTT西日本はICTで社会課題の解決に貢献します  社会課題に関する注目キーワード解説  安否センサー
このエントリーをはてなブックマークに追加

安否センサー

主に高齢者のひとり暮しをサポートする目的として、住居内に付与されたセンサーです。

例えばベッドやトイレ、冷蔵庫といった日常的に利用するものにセンサーを付与し、利用状況をモニターして、長時間利用がなければ親族やケアスタッフにお知らせメール等を送るといったような利用方法があります。

NTT西日本では、インターネットを利用して、部屋の中の動きを関知するセンサーと高齢者自身が自発的に押せる緊急通報装置の様子をモニターする仕組みで自治体と連携し高齢者の暮らしをサポートしています。

関連リンク

関連キーワード


おすすめの関連事例

読込中

あ〜な行

は〜わ行

A〜Z

審査 16-1481-1

ページの先頭へ