ここから本文です。

ホーム>支店情報> 兵庫支店>兵庫支店からのお知らせ

 
兵庫エリアの電話事業120年、ありがとうございました。
 
         
 

平素より、NTT西日本グループの事業に対しましては、ひとかたならぬご支援ご協力を賜り、心より厚く御礼を申し上げます。
 さて、神戸・大阪で電話交換業務が開始された明治26年(1893年)3月25日から数えて本年でちょうど120年、本日、120周年の節目を迎えることができました。これも偏に、皆さま方のご理解・ご支援の賜物と心から深く感謝申し上げます。

 
明治26年当時、神戸「74」契約でスタートしました電話事業も、創業100年目の平成5年(1993年)には、神戸だけでも1万倍の「76万」契約に達しました。その後、今日までの20年の間にもインターネットの普及、光回線「フレッツ光」の提供開始、携帯電話利用の増加などもあって、情報通信手段は飛躍的に発展・多様化し、固定電話・通話のウエイトも変化してきていますが、NTT西日本はじめNTTグループの情報通信サービスを変わらず、ご愛顧いただいております事を真に有難く思っております。同時に、情報通信サービスを通じて、兵庫の暮らしやビジネスに、いささかなりとも貢献できました事を、何より嬉しく誇らしく感じております。
 この120年を振り返りますと、戦前戦中の阪神大水害・神戸大空襲をはじめ、実にさまざまの出来事がありました。とりわけ平成7年(1995年)1月17日に発生した阪神・淡路大震災では、多くの方が被災され、亡くなられました。改めて心からお悔やみ申し上げます。当時、多くの通信回線が不通となり、被災者の方、被災企業にご不便・ご迷惑をおかけしました事、臨時電話の設置や通信回線・システム復旧のため全国5万人規模の態勢で概ね半月で一応の復旧を見ましたことは、先般の東日本大震災とあわせて、情報通信インフラを預かるNTT西日本・NTTグループの忘れてはならない経験であり、教訓であると考えております。

 現在、NTT西日本グループでは、高速大容量の光回線「フレッツ光」サービスの普及拡大、またクラウドサービスやWi−Fi、映像サービスなど安全・安心・信頼で大容量かつ低廉な情報通信ネットワークを活かした、より快適で便利な暮らし、地域やビジネスの活性化実現に鋭意取り組んでおります。同時に、懸念されています南海トラフ巨大地震などの大規模災害時にも、必要な情報通信手段が最大限確保できるよう災害対策にも継続的に注力しております。

 これからも私たちは、この120年の歩みを踏まえ、事業を通じて、暮らし・地域・経済に貢献し、兵庫の皆さまとともに歩み、お役に立っていきたいと決意を新たに致しております。

 今後とも一層のご支援を、心よりお願い申し上げます。


 
         
      平成25年3月25日
西日本電信電話株式会社 兵庫支店

支店長
池田 佳隆
 
         

審査24-1708

ページの先頭へ