このページの本文へ移動

ここから本文です。

ホーム  ダイバーシティ推進の取り組み  障がい者雇用の取り組み

障がい者雇用の取り組み

多様な人材が共存することのできる企業風土づくりという観点から、NTT西日本グループでは障がいのある方々の雇用を積極的に推進しており、現在1,000名を超える障がいのある社員が、さまざまな職場で活躍しています(障がい者雇用率:2016年6月現在で2.20%)。

また特例子会社のNTT西日本ルセントでは、設立当初から実施している社内文書など保存書類の電子化業務に加え、2013年度より、情報機器端末の保守・サポートサービスへの加入勧奨業務、NTT西日本グループ各ビルの電力使用量を視える化するためのデータ集計業務、さらに2014年度からはウェブアクセシビリティ診断など、さまざまな業務を通じて障がい者の就労機会の拡大に努めています。

NTT西日本ルセント

ページの先頭へ


ページの先頭へ