サンキューダイヤル0039(料金サービス)

ご家庭や会社でお使いの電話から携帯電話・PHSへかけるとき、電話番号の前に「0039(NTT西日本の事業者識別番号)」をつけてダイヤルすると、これまでよりおトクな料金でご利用いただけます。

ご利用上の注意

  1. ご利用いただける電話サービスは、加入電話(ライトプラン含む)(電話サービス)・INSネット64(ライト含む)・INSネット1500(いずれも総合デジタル通信サービス)です。NTT西日本が提供するひかり電話(IP電話サービス)・公衆電話・ピンク電話からはご利用できません。
  2. 携帯電話事業者の留守番電話サービスの遠隔制御など、一部ご利用いただけない番号帯があります。
    (参考:http://www.ntt-west.co.jp/tariff/html/wb01s07.html
  3. 他事業者が提供するIP電話からの発信については、各事業者さまへお問合せください。
  4. 携帯電話・PHSへの通話は、マイラインまたはマイラインプラスの対象となりません。
  5. 「0039」を携帯電話・PHSの電話番号の前につけずに発信した場合については、各携帯電話・PHS事業者が設定する料金でのご利用となります。
  6. 「0039」をつけて携帯電話・PHSの電話番号に通話した場合でも、相手のディスプレイにはお客さまの電話番号のみ表示されます。(※発信者番号を通知している場合に限ります。)
  7. 「184(通話ごと非通知)」「186(通話ごと通知)」のダイヤル操作は、「0039+携帯電話・PHSの電話番号」の場合にもご利用いただけます。(ダイヤル方法:「184/186+0039+090(または080、070)」)
  8. 以下のサービスは、転送先として「0039」を携帯電話・PHSの電話番号の前につけて登録し、転送することはできません。(ボイスワープ、INSボイスワープ、ボイスワープセレクト、転送でんわ(いずれもオプション))
  9. 平成26年10月より、「サンキューダイヤル0039」の対象にPHSへの通話が加わりました。加入電話、INSネットでお使いの電話機等において、090(または080、070)で始まる携帯電話・PHSへの発信に対して自動的に「0039」を付与するには、電話機等の設定変更が必要となる場合がございますので、詳しくはご利用の各電話機メーカーさま等にお問合せください。
    (参考:NTT西日本製電話機の設定等に関するお知らせはこちら
    http://www.ntt-west.co.jp/kiki/support/welfare/140930/index.html)

ご利用料金内訳書

サンキューダイヤル0039ご注意事項図

  • (注)INSネット64またはINSネット1500の場合は、「携帯電話等へのINS通話料」「携帯電話等へのINS通信料」により表示します。

通話明細内訳書

サンキューダイヤル0039ご注意事項図

  • (注)INSネット64またはINSネット1500の場合は、「携帯電話等へのINS通話料合計」「携帯電話等へのINS通信料合計」により表示します。

ページの先頭へ戻る

審査 16-1941-1