よくあるご質問

ダイヤルインサービス(オプション)

ダイヤルインサービスとは何か?

INSネット64(総合デジタル通信サービス)1契約者回線に複数の情報機器が接続されている場合に、その中の特定の情報機器に、直接着信させることを可能にするサービスです。ダイヤルインサービスを契約すると、本来の契約者回線番号とは別に、複数のダイヤルイン追加番号も利用できるようになります。発信者が、この番号をダイヤルすると、着信側には、この番号が着番号情報として通知されます。その際、着信側の情報機器のうち、この番号が設定されているもののみ着信に応答するので、特定の情報機器に直接着信させることができます。例えば、XXX1は電話機、XXX2はFAXというように設定すると、回線は同じでありながら着信させる機器を区別することができます。

発信側は加入電話(電話サービス)契約者でも可能です。

情報機器がダイヤルインサービスに対応した機能を搭載し、予め番号の登録が必要です。

INSネット64におけるこの他の着信端末の特定方法については、よくあるご質問のISDN/サービス概要/やさしい技術知識 「INSネット64に接続された複数の情報機器の中から、特定の情報機器に着信させることは可能か?」を参照してください。


グローバル着信とは何か?

契約者回線番号への着信時には着番号情報を通知しない機能です。グローバル着信を利用すると、契約者回線番号への着信時には、すべての情報機器を鳴動させ、追加番号への着信時には、着番号情報を通知するので、特定の情報機器だけを鳴動させるといった利用もできます。最近は、グローバル着信拒否(選択)機能をもった情報機器が一般的です。


グローバル着信拒否(あるいは選択)機能とは何か?

ダイヤルインサービスのグローバル着信機能を使って、ターミナルアダプター(TA)の2つのアナログポートに接続された情報機器(例えば電話とG3FAX)への着信をいずれかに特定させることができる機能です。最近では、この機能を搭載したターミナルアダプター(TA)が増えてきました。

例えば、この機能が搭載されたターミナルアダプター(TA)なら、ダイヤルイン追加番号を1つ申し込むだけで2台のアナログ情報機器への着信を振り分けて着信させることができます。
図のように、ターミナルアダプター(TA)では、Dチャネルを使って送られてくる呼設定メッセージの中にある着信番号の有無により2つのアナログポートのいずれかを識別するしくみとなっています。

ダイヤルイン追加番号を1つ申し込むだけで、2台の情報機器の着信を特定できるので、月々のダイヤルインサービス使用料が1番号分の800円(税抜)で済むので経済的です。


ターミナルアダプター(TA)を使ってインターネットと電話を同時利用するには、ダイヤルインサービスが必要か?

ターミナルアダプター(TA)のデータポートにパソコンを、アナログポートには電話機を接続するような利用形態※ならば、電話は通話モード、パソコンはディジタル通信モードというように通信モードが異なるため、ダイヤルインサービスを利用しなくても、通信モードの違いにより情報機器の指定着信ができます。(よくあるご質問のISDN/サービス概要/やさしい技術知識 「INSネット64(総合デジタル通信サービス)に接続された複数の情報機器の中から、特定の情報機器に着信させることは可能か?」を参照ください)

通常、インターネットは発信のみの利用で、着信時のためのサービスであるダイヤルインサービスは必要とならない。

しかし、ターミナルアダプター(TA)のアナログポートに接続された2台のアナログ情報機器(電話とG3FAX)に対して識別着信を行うには、ダイヤルインサービスが必要となります。


ダイヤルイン追加番号で着信した呼でもフレックスホン(オプション)は利用できるか?

利用できます。ただし、フレックスホンの契約は、契約者回線番号に対して行われるので、ダイヤルイン追加番号による契約はできません。


INSネット64(総合デジタル通信サービス)を複数回線利用する場合に代表取扱とダイヤルインサービスの併用は可能か?

併用は可能ですが、この場合はPBXやビジネスフォン主装置等にINSネット回線を直接収容する(P-P接続)場合にのみ有効となります。しかし、バス配線形式(P-MP接続)に接続された通信機器に対して付与されたダイヤルイン番号に代表取扱サービス(オプション)を併用すると、代表取扱機能が優先されてダイヤルインサービス本来の指定着信ができません。

例えば、下図のように、INSネット64を2回線、P-MP接続で代表取扱サービスとダイヤルインサービスを組み合わせた場合、順次サーチ方式では、それぞれの契約者回線に付与されている契約者回線番号あるいは、ダイヤルイン追加番号へ発信しても、優先的に親回線を捕捉します。

これは、代表取扱サービスとダイヤルインサービスを同時に契約する場合は、PBX等の利用を想定しているためであり、PBX・ビジネスフォン等の主装置にINSネット回線を収容することをお勧めします。


ページの先頭へ戻る

審査 16-1941-1