話中時転送サービス(オプション)

お話中に着信した電話を予め登録しておいた電話へ転送するサービスで、お話中にキャッチホンの割り込みがあっても出られない時に他の電話に転送することができます。なお、転送は話中時のみ行います。

話中時転送サービス概要図

提供条件

契約可能な電話の種類

加入電話(電話サービス)(単独電話)、着信用電話※1、メンバーズネット用電話※2

  • ※1着信用電話ではカスタマコントロールができませんが、制御用電話を使用することによりサービスの提供が可能となります。(ただし、転送元の電話番号として通知されるのは着信用電話の番号となります。)
  • ※2メンバーズネット用電話ではダイヤルパス機能を契約している回線については提供できません。

提供できない電話の種類

事業所集団電話、共同電話、支店代行電話、INSネット64、INSネット1500(総合デジタル通信サービス)、ひかり電話

サービス内容

  1. 無応答転送時はキャッチホンの割り込み音を予め設定しておいた回数だけ送出し、割り込み音が設定回数をこえた場合、契約者が予め設定した転送先へ転送(無条件転送時は通話中に割り込みをせずに、契約者が予め設定した転送先へ転送)
  2. 転送を停止すれば通常のキャッチホンの動作をします。
  3. 話中時に転送された場合、転送先がINSネットで転送元電話番号受信サービスを契約していれば、転送元電話番号、転送理由(※)が通知されます。転送先がナンバー・ディスプレイサービスを契約していれば、割込み者(発信者)の番号が通知されます。
  • 転送理由:無条件転送で転送されたものか無応答転送で転送されたものかが表示されます。

無条件転送(話中時転送)

カスタマコントロールで割り込み回数を「0」に設定することにより契約者が話し中に割り込みがあった場合でも割り込まずに転送先へ転送します。

話中時転送サービス概要図

無応答時転送(話中時転送)

カスタマコントロールで割り込み回数を「1」〜「9」に設定することにより契約者が話し中に設定した回数だけ割り込みをし、その間にフッキングしなければ転送を行います。

話中時転送サービス概要図

ページの先頭へ戻る

審査 16-1941-1