3桁番号サービスについて

3桁の番号をダイヤルしてご利用いただけるサービスや緊急連絡先などをご紹介します。

100:100番通話

※平成27年7月31日をもってサービスを終了させていただきます。

 <ご案内>平成26年1月30日
 「接続通話サービス(100、102、106、108、DIAL104)」の提供終了について

 報道発表資料についてはこちら

ご利用になった通話料金がその場でわかる便利なサービスです。
100番をダイヤルして、先方の電話番号を市外局番からご指定ください。オペレーターが先方の電話番号におつなぎします。お話しが終わりましたら、受話器をかけてお待ちください。折り返し通話料金をお知らせします。

  • 料金は、ダイヤル通話と料金体系が異なります。100番通話では最初の3分までの料金が決められており、3分を超えると1分ごとにその1/3が加算されます。土曜・日曜・祝日、深夜割引はありません。
    (100番通話料金についてはこちらをご参照ください)
  • ひかり電話からはご利用できません。また、ひかり電話へはおつなぎできません。
  • 他通信事業者には接続できない場合があります。

ページの先頭へ戻る

104:番号案内

電話帳登録のある方、もしくは事前に番号案内を申し込みされた方の電話番号をご案内します。
104番をダイヤルすると、オペレーターが住所・お名前(個人の姓名・企業名など)を元に電話番号をご案内します。

  • ご利用料金が必要です。詳しくはこちら をご参照ください。
DIAL(ダイヤル)104

※平成27年7月31日をもってサービスを終了させていただきます。

 <ご案内>平成26年1月30日
 「接続通話サービス(100、102、106、108、DIAL104)」の提供終了について

 報道発表資料についてはこちら

「DIAL104」サービスは、番号案内サービス(104番)をご利用されたお客さまが、電話番号の案内を聞いた後、音声ガイダンスに従ってボタン操作をしていただくか、またはオペレーターに口頭で依頼をしていただくことにより、電話を切断することなくそのまま案内先電話番号におつなぎすることが可能となるサービスです。お客さまが電話番号をお調べいただいた後、一旦電話を切ってから相手先電話番号をダイヤルする煩わしさを解消しダイヤル間違いを防ぐことができます。

  • ご利用料金として、番号案内料に加え、接続手数料と通話料が必要です。詳しくはこちら をご参照ください。

ページの先頭へ戻る

106:コレクトコール(オペレーター扱い)

※平成27年7月31日をもってサービスを終了させていただきます。

 <ご案内>平成26年1月30日
 「接続通話サービス(100、102、106、108、DIAL104)」の提供終了について

 報道発表資料についてはこちら

料金着払いで電話がかけられるサービスです。
106番をダイヤルして、オペレーターにお客さまのお名前、先方のお電話番号を市外局番からお伝えください。先方に料金着払いの了承を得た後、おつなぎします。

  • 料金は1通話ごとに、取り扱い料90円(税抜)と100番通話の料金がかかります。 公衆電話からご利用の場合、通話後に硬貨は戻ります(デジタル公衆電話からご利用の場合、硬貨・カードは不要です)。 フリーダイヤル、ダイヤルQ2など、ご利用になれない通話・サービスがあります。
    (100番通話料金についてはこちらをご参照ください)
  • ひかり電話からはご利用できません。また、ひかり電話へはおつなぎできません。
  • 他通信事業者には接続できない場合があります。

ページの先頭へ戻る

108:自動コレクトコール

※平成27年7月31日をもってサービスを終了させていただきます。

 <ご案内>平成26年1月30日
 「接続通話サービス(100、102、106、108、DIAL104)」の提供終了について

 報道発表資料についてはこちら

料金着払いで電話がかけられるサービスです。プッシュ回線、あるいはダイヤル回線でプッシュ信号を送出できる電話機からご利用できます。 108番をダイヤルして、音声ガイドの案内に従ってご利用ください。

  • 料金は1通話ごとに、接続料90円(税抜)とダイヤル通話料金(公衆電話からご利用の場合は、公衆電話ダイヤル通話料金(外税))がかかります。公衆電話からご利用の場合、通話後に硬貨は戻ります(デジタル公衆電話からご利用の場合、硬貨・カードは不要です)。
    フリーダイヤル、ダイヤルQ2など、ご利用になれない通話・サービスがあります。
    (公衆電話料金についてはこちらをご参照ください)
  • ひかり電話からはご利用できません。また、ひかり電話へはおつなぎできません。
  • 他通信事業者には接続できない場合があります。

ページの先頭へ戻る

110: 警察への事件・事故の急報

110番をダイヤルすると、警察の通信司令センターにつながります。
事件・事故の急報の際にダイヤルしてください。

ページの先頭へ戻る

113:電話の故障

電話サービスの故障等に関するご相談を受け付けています。
例えば「受話器を取ってもツーという発信音が聞こえない」、「話し中に雑音が入る」などの場合にお問い合わせください。
お客さまの電話がご使用になれないときは、公衆電話からお問い合わせください。ダイヤル式ピンク電話からは、そのままではご使用になれませんので、その電話が置いてあるお店の方などにお申し出ください。受付時間は24時間で、音声ガイダンスによる「録音受付システム」により受け付けていますので、ご用件をテープの案内に従ってお話しください。オペレータ−が録音内容を確認後、順次呼び返しにて対応いたします。(一部時間帯においては、オペレーターが直接受付を行う場合があります。)
なお、急を要するご用件については、従来どおりオペレーターがお受けいたします。
また携帯電話・PHSからは「0120-444-113」にてお受けしております。

ページの先頭へ戻る

114:お話中調べ

相手先の電話がお話し中かどうかをコンピューターが自動でお調べします。
テープの案内に従って、お調べになりたい「相手先のお電話番号」をダイヤルしてください。お話し中かどうかをお調べし、結果をお知らせします。
なお、相手先の電話が故障の時や自動でお調べできないサービスの場合は、オペレーターがお受けいたします。

ページの先頭へ戻る

115:電報のお申し込み

電話で電報をお申し込みいただけます。
115番にダイヤルして、おかけになっている電話番号とお名前をお申し出ください。オペレーターが電報の種類(お祝い・お悔やみ等)、お届け日、漢字使用の有無、お届け先・お名前、メッセージなどをうかがいます。
受付時間は午前8時から午後10時までです(午後10時〜午前8時までは、緊急連絡用の緊急定文電報と船舶あて無線電報に限り、フリーダイヤル0120-000115で受け付けています)。

NTT西日本 D-MAIL

ページの先頭へ戻る

116:電話の新設・移転・各種ご相談

NTT西日本の各種サービスおよび電話の新設・移転等のご注文やお問い合わせを受け付けています。

(新規/引越/名義変更)

ページの先頭へ戻る

117:時報

117番をダイヤルすると、現在の時刻を確認できます。

  • 通話料が必要です。

ページの先頭へ戻る

118:海上の事件・事故の急報

118番をダイヤルすると、海上保安庁につながります。
海上における事件・事故の緊急通報の際にダイヤルしてください。

ページの先頭へ戻る

119:火事・救助・救急車

119番をダイヤルすると、災害救急情報センターにつながります。
火事の緊急通報、救助・救急車の要請の際にダイヤルしてください。

ページの先頭へ戻る

171:災害用伝言ダイヤル

地震などの災害発生時には、多くの方が一斉に電話をかけるため、電話がかかりにくくなります。災害用伝言ダイヤルは、このような電話がかかりにくい状態でも、家族間の安否確認や集合場所の連絡などにご利用できます。
171番をダイヤルすると、全国に設置された災害用伝言ダイヤルセンターにつながります。音声ガイダンスに従って、伝言の録音・再生を行ってください。伝言の録音・再生は被災地の方々の自宅の電話番号を使って行います。

  • 伝言の録音、再生を行うためのセンター利用料は無料です。発信されるお客様から伝言の録音または、再生する被災地の電話番号までの通話料(通常、電話をおかけになる場合と同様の料金)はかかります。

災害用伝言ダイヤル インターネット情報

ページの先頭へ戻る

177:天気予報

177番をダイヤルすると、電話をおかけになっている地域の天気予報をお聞きになれます。他の地域の天気予報をお聞きになるには、市外局番+177をダイヤルしてください。

  • 一部、市外局番+177未提供の地域があります。
  • 通話料が必要です。

ページの先頭へ戻る

審査 13-2023-1