設備切替の概要

モバイル・ブロードバンドの進展によるコミュニケーション手段の多様化に伴い、固定電話(加入電話・INSネット)の契約数等が減少し、電話サービスのために用いられている公衆交換電話網(PSTN)の設備(中継交換機・信号交換機)が2025年頃に維持限界を迎えることから、2024年1月以降に固定電話(加入電話・INSネット)の設備切替をいたします。

固定電話(加入電話・INSネット)の需要の減少、PSTN交換機の維持限界の到来 固定電話(加入電話・INSネット)の需要の減少について詳しくはこちら

利用者にとって何が変わるのか

電話を提供するNTT西日本の局内設備を2024年1月に切替いたします。お客さまが現在ご利用中の電話機等は、設備切替後もご利用いただけます。

お客さまへのお知らせスケジュール(予定)

  • 固定電話(加入電話・INSネット)のお客さまに対して、切替後の加入電話・INSネットへの契約引継ぎの2年前頃(2022年1月頃)から、提供条件・手続等についてお知らせを複数回実施します。
  • 終了サービスについては、今秋以降、当該サービスをご利用のお客さまに対し終了時期(2024年1月)・代替策等のお知らせを複数回実施します。
  • 併せて、設備切替に便乗した悪質な販売勧誘による消費者被害の発生防止に向けて、お客さまに特に注意していただきたい点等について分かりやすくお伝えしていきます。

設備切替のスケジュールの図

継続するサービス・終了するサービスについてはこちらをご確認ください。

ページの先頭へ戻る

審査 17-1384-1