固定電話(加入電話・INSネット)の設備切替に関する
よくあるご質問

「設備切替」とあるが、どういう意味か。(2024年1月に何が起こるのか)

電話に特化したPSTN交換機の利用を終了し、インターネット等のデータ通信を主とするIP網で音声通話を提供するために、加入者交換機をメタルケーブルを収容する装置(メタル収容装置)として活用し、その装置よりも上部を順次IP網に切り替えることです。

IP網に切り替わることにより、その特性を活かして距離に依存しないフラットな料金で音声通話の提供が可能となるとともに、アクセス回線はメタル回線を設備切替後も利用できるため、固定電話(通話)のご利用継続には、お客さま宅内の工事は不要、ご利用中の電話機は引き続き利用可能です。


なぜ2024年1月に設備を切り替えるのか。

現在利用している中継交換機・信号交換機・PSTNに係るオペレーションシステムの維持限界が2025年1月に見込まれることから、それまでに確実にIP設備に切替を完了する必要があり、その作業に1年程度の期間が必要となるため、2024年1月から切替を開始します。


INSネットを利用している場合、設備切替後も利用可能なのか。

設備切替後は、INSネットについても、音声通話をお使いの場合は加入電話同様に、お客さま宅内での工事は不要でご利用中の電話機等は設備切替後も利用可能です。

ディジタル通信モードをご利用のお客さまは、2024年1月までにINSネット対応端末・システムの更改をお願いしたいと考えています。ただし、間に合わないお客さまへの当面の対応策として「補完策」を一定期間用意しますので、ご利用中の端末等の接続構成および設定を変更せず、2027年頃まで利用できる予定です。

なお、「補完策」はディジタル通信モードに比べると、利用する機器や通信プロトコルによっては遅延が生じる可能性があることはご理解いただきたいと考えています。


加入電話やINSネットの販売を終了する考えはあるのか。

加入電話やINSネット(通話モード)については、切替後の加入電話・INSネットとして基本的な音声サービスの提供を継続する考えであり、現時点で販売終了する考えはありません。


切替にあたって手続きは必要か。

固定電話(通話)のご利用継続には手続きは不要で引続き音声通話をご利用いただけます。また、手続きだけでなく、お客さま宅内での工事は不要でご利用中の電話機等は設備切替後もご利用可能です。


国内通話が3分8.5円(税抜)とあるが、県外への通話も含むのか。

県外への通話を含め、国内の固定電話への通話料は全国一律で3分8.5円(税抜)とする予定です。

  • NTT西日本・NTT東日本の切替後の加入電話・INSネット・「ひかり電話」及び「コラボ光ひかり電話」(テレビ電話・データコネクト・データコネクト通信中の音声通話は除く)、他社加入電話、他社IP電話(050番号への通話を除く)へ発信の場合。携帯電話等への通話料金は異なります。

夜間・深夜の料金はいくらになるのか。

お客さまにとって分かりやすく使いやすい料金とする観点から、国内の固定電話への通話料は昼間(午前8時〜午後7時)と同様、夜間(午後7時〜午後11時、土曜・日曜・祝日の昼間を含む)、深夜(午後11時〜午前8時)についても全国一律3分8.5円(税抜)です。


2024年1月以降も固定電話は新規に申し込むことができるのか。

設備切替後の加入電話やINSネットをお申し込みいただけます。


加入電話・ライトプラン、INSネット64・ライトは提供を継続するのか。

ライトプランは、施設設置負担金を不要とする代わりに月々の基本料に一定額を加算するサービスであり、施設設置負担金の適用とともに、ライトプランについても継続する予定です。


「補完策」を利用するために準備することや、必要な機器はあるのか。

新たにお客さまに用意していただく機器は、特にございません。TA、DSU等の宅内環境は設備切替後もご利用いただけます。

「補完策」は、ディジタル通信モードの提供終了までにINSネット対応端末・システムの更改が間に合わないお客さまへの当面の対応策として一定期間提供するものですが、ディジタル通信モードに比べると、利用する機器や通信プロトコルによっては遅延が生じる可能性があることはご理解いただきたいと考えています。


「補完策」の提供終了時期はいつ頃なのか。

「補完策」は、ディジタル通信モードの提供終了(2024年1月)までにINSネット対応端末・システムの更改が間に合わないお客さまへの当面の対応策として一定期間提供するものです。

利用者・業界団体等からは、端末等の更改には10年程度の期間が必要であるとの声や、補完策の利用判断を促すために早急に終了時期の確定・公表が必要であるとの声があがっていること等から、今回の公表から約10年後の2027年頃までを目途として提供することを検討しています。

具体的な提供期間については、今後、お客さまのご利用状況や関係団体からのご意意見等を確認したうえで決定・公表していきます。


NTTコミュニケーションズが提供するパケット通信サービス(INS-P)はどうなるのか。

NTTコミュニケーションズのホームページ をご確認ください。


ページの先頭へ戻る

審査 17-1384-1