ここから本文です。

ホーム > 企業情報 > CSRの取り組み > リスクマネジメント

リスクマネジメント


 自然災害や通信テロ、企業情報漏えいなど、事業活動に重大な影響を及ぼすリスクへの対応をはじめ、法令の遵守、社内の情報セキュリティ等、NTT西日本グループを取り巻くさまざまなビジネスリスクについて発生を予防する施策を講じています。


リスクマネジメント体制の強化

 NTT西日本グループ全体に影響を及ぼす大規模なリスクや、発生原因がNTT西日本グループ各社に共通するリスク等の発生が予測される場合、および発生した場合には代表取締役副社長を委員長とする「ビジネスリスクマネジメント推進委員会」を開催し、対策等の検討を行っています。

ビジネスリスクマネジメント推進委員会

予期せぬ障害や自然災害への対策

 予期せぬ障害や自然災害が発生した場合に通信ネットワークを確保することは、情報通信サービスを提供する企業として最も重要な役割であると認識し、さまざまな対策を実施しています。自然災害等が発生した場合に備えて、ネットワーク機能の冗長化や設備の耐震性向上、監視・制御体制を強化するなど、ネットワークの信頼性向上に取り組んでいます。
 また、自然災害等により通信ネットワークが被災した場合には、被災状況の把握、復旧体制の構築を迅速に行い、重要通信の確保、通信サービスの早期復旧に努めています。

ページの先頭へ