このページの本文へ移動

ここから本文です。

ホーム の中の 企業情報 の中の CSRの取り組み の中の CSR報告書2017 の中の いきいきと輝く社会づくりの中の 働きやすい職場づくり

CSRの取り組み

いきいきと輝く社会づくり

働きやすい職場づくり

基本的な考え方

社員個々のライフステージや価値観等を尊重しつつ、社員のワークとライフのさらなる充実に向けた取り組みを展開しています。

「働き方改革」の推進に向けた体制強化
  • 関連するSDGs
  • 関連するSDGs

NTT西日本グループでは、多様な働き方の実現に向け、ICTを活用し社会課題解決に貢献する企業にふさわしい「働き方改革」に取り組んでいます。実現のため、職場ごとの担当チームを作り、対象と問題点を明確にした課題の解決を推進する、「現場視点の働き方改革」に取り組むとともに、時間と場所にとらわれない多様な働き方を実現するための環境・制度整備(テレワーク、在宅勤務等)を進めています。

また、長時間労働の解消や多様な働き方の実現が社会的課題となっていることを踏まえ、「ダイバーシティ推進室」が新たに「働き方改革」推進の役割を担うこととし、人事部長直轄組織とすることで、全社改革を加速します。

次世代育成支援
  • 関連するSDGs

NTT西日本では「次世代育成支援対策推進法」に基づき、性別、年代を問わずワーク・ライフ・マネジメントを推進することに対する理解促進、および社員個人の多様な働き方を受容する組織風土づくりに向けた「行動計画」を立て、その実践に取り組んでいます。その取り組み結果が認められ、同法に基づく認定(くるみん認定)を取得しています。2017年4月1日より、「第五次行動計画(2017年4月1日〜2019年3月31日)」を策定し、これまでの取り組みの継続、定着に加え、効率的な働き方の推進により、全社員を対象としたワーク・ライフ・マネジメントの推進に取り組んでいきます。

  • くるみん くるみん

育児休職者への職場支援
  • 関連するSDGs
  • 関連するSDGs

NTT西日本では、2017年度より、新卒の採用数を増やすことで人員数に余裕を持たせ、育児休職を取得した社員の職場へ後任の人員配置を行っています。女性社員が育児休職をとりやすく、ライフイベントと両立したキャリアプランを描いていけるよう、女性の活躍を推進し、優秀な人材の確保をめざしています。

各種制度の利用状況
  • 関連するSDGs

■各種休暇制度取得者数の推移
各種制度 2014年度 2015年度 2016年度
年次休暇取得日数(日)
(一人あたり平均)
19.1 19.6 19.6
年次休暇取得率(%)
(年間発給数(20日)に対する平均取得日数)
95.5 98.0 98.0
育児休職(人) 238(6) 223(5) 315(9)
介護休職(人) 12(5) 6(3) 19(6)
ライフプラン休暇(育児)(人) 32(20) 92(62) 180(100)
ライフプラン休暇(介護)(人) 545(512) 867(761) 1035(887)

※( )内は男性人数再掲

■短時間勤務制度取得者数の推移
  2014年度 2015年度 2016年度
育児短時間(人) 299(5) 269(1) 315(4)
介護短時間(人) 10(5) 10(2) 18(5)

※( )内は男性人数再掲

■再採用制度登録者数の推移
退職者の事由 2014年度 2015年度 2016年度
育児(人) 11(0) 11(0) 5(0)
介護(人) 0(0) 0(0) 0(0)
配偶者の海外転勤等(人) 2(0) 2(0) 4(0)

※( )内は男性人数再掲

■在宅勤務制度利用者数の推移
  2014年度 2015年度 2016年度
在宅勤務制度利用者数(人) 86 584 623

ページの先頭へ