このページの本文へ移動

ここから本文です。

ホーム の中の 企業情報 の中の CSRの取り組み の中の CSR報告書2017 の中の いきいきと輝く社会づくりの中の TOPIC:企業内保育所「ゆめみいよ保育園」を開設

CSRの取り組み

いきいきと輝く社会づくり

TOPIC

  • 関連するSDGs
  • 関連するSDGs

企業内保育所「ゆめみいよ保育園」を開設

■保育所開設の背景と目的

NTT西日本グループは、多様な人材活躍と働き方改革の推進に向け、働きやすく・働きがいのある会社づくりに取り組んでいます。その一環として、仕事と家庭を両立できる働きやすい職場環境の充実と、2016年6月にNTT西日本、愛媛県、松山市の三者で締結した「連携と協力に関する協定」の連携事項である「子育て支援」により、つながる未来を応援する地域の実現に向けて、企業内保育所「ゆめみいよ保育園」を2017年10月に開設しました。

開設にあたって、アートチャイルドケア株式会社にご協力いただき、内閣府認定の企業主導型保育事業における保育事業者設置型を採用しています。当社の社員だけではなく、地域の皆さまも利用できる施設となっており、地方創生の一助になればと考えています。

■ICTにより保育所の空気を視える化

この保育所では、ICTを活用した空気の視える化に取り組みました。CO2センサーや電池交換不要の温湿度センサーを設置し、保育室内の温度・湿度・CO2濃度を常に計測・監視しています。空気の状態を示す「快適度マップ」や、CO2濃度等が基準値を上回った場合に換気を促すアラートメッセージを保育所のタブレットに表示するとともに、保育園運営者が遠隔地から閲覧できるようにしました。また、屋外のPM2.5センサーによってPM2.5の飛散量を計測することで、お出かけや換気の目安にできるようにしました。

このように、空気環境を可視化することで、子どもたちの感染症の抑制や室内環境の維持・改善、PM2.5対策や喘息予防対策の支援に役立てて、園児と保育士の快適な保育環境の実現に貢献しています。

NTT西日本グループでは、今後も多様な人材がいきいきと輝けるよう、働きやすい職場環境づくりの取り組みを推進していきます。

  • ■ 空気の視える化システム

    空気の視える化システム

ページの先頭へ