このページの本文へ移動

ここから本文です。

ホーム の中の 企業情報 の中の CSRの取り組み の中の CSR報告書2017 の中の いきいきと輝く社会づくりの中の 多様性の尊重

CSRの取り組み

いきいきと輝く社会づくり

多様性の尊重

基本的な考え方

「ちがい」を価値として、多様な人材が「自分らしく」チャレンジできる組織風土づくりに取り組んでいます。

女性社員の活躍推進
  • 関連するSDGs

より多くの女性社員がリーダーシップを発揮し、経営の意思決定の場に参画できるよう、女性のライフイベントを踏まえた中長期的な視野でのキャリア意識の醸成と、その実現を支える職場環境、風土づくりに取り組んでいます。中堅女性社員を対象としたマネジメント力向上のための研修や、結婚出産等のライフイベントとの両立を支援する各種セミナー、女性社員と管理者との対話会等を毎年継続的に実施しています。政府が推進する「女性活躍推進法(2016年4月1日施行)」についても「一般事業主行動計画」を定め、社員一人ひとりが「自分らしいキャリアの実現」ができる環境づくりに積極的に取り組んでいます。

優良企業認定マーク「えるぼし」最高位に認定

NTT西日本は、女性の活躍に関する取り組みの実施状況が優良な企業として、2017年1月に厚生労働大臣から女性活躍推進法に基づく認定「えるぼし」の最高位を取得しました。本認定を機に、さらに取り組みを加速するとともに、多様な社員一人ひとりが自分らしく活躍できる会社づくりに向けて積極的に取り組んでいきます。

  • えるぼしマーク えるぼしマーク

障がい者雇用の推進
  • 関連するSDGs
  • 関連するSDGs

NTT西日本グループでは、障がいのある方が職業を通じ、誇りをもって自立した生活を送ることができるよう、多様な活躍フィールドを活かした雇用機会の創出、拡大を図っています。現在1,000人を超える障がいのある社員が、さまざまな職場で活躍しています。

また、特例子会社のNTT西日本ルセントでは、NTT西日本グループ各社から受託したデータ集計等の業務を行っており、現在、大阪のみならず、名古屋・広島に拠点を拡大しながら、障がいのある方の就労機会の拡大に努めています。

■障がい者雇用率の推移
  2015年6月 2016年6月 2017年6月
障がい者雇用率 2.08% 2.20% 2.37%

LGBT等性的マイノリティに対する理解醸成
  • 関連するSDGs
  • 関連するSDGs

多様性の1つとして、NTT西日本グループではLGBT等性的マイノリティへの適切な対応をめざし社内外相談窓口での対応に加え、社員の理解醸成に向けた研修やセミナーを実施しています。

「PRIDE指標」においてゴールド受賞

2017年10月11日、NTT西日本グループは、任意団体work with Prideが策定した、企業・団体におけるLGBT等性的マイノリティに関する取り組みの評価指標「PRIDE指標」において、ゴールドを受賞しました。今後も、性的指向や性自認に関わらず、多様性の受容と各人の能力の最大化を可能とする環境づくりに取り組んでいきます。

  • PRIDE指標マーク PRIDE指標マーク

ページの先頭へ