このページの本文へ移動

ここから本文です。

ホーム の中の 企業情報 の中の CSRの取り組み の中の CSR報告書2017 の中の 人・モノ・地域がつながる安心・安全な社会づくりの中の ICTサービスの品質の安心・安全

CSRの取り組み

人・モノ・地域がつながる安心・安全な社会づくり

ICTサービスの品質の安心・安全

基本的な考え方

NTT西日本グループは「通信サービスとは、人と人、人と社会をつなぐためになくてはならないもの」と考えています。社会を支え生活を守る重要なインフラを提供する企業グループとして、災害にも強い情報通信サービスの提供に努め、いつでも、どこでも、だれとでもつながる安心と信頼を提供しています。

高品質で安定した通信サービスの確保
  • 関連するSDGs
  • 関連するSDGs

お客さまが常に安心してサービスをお使いいただけるよう、24時間365日、通信サービスを監視するネットワークオペレーションセンタでは、ICTを活用しリアルタイムで通信サービスの状況を一元的に監視・制御するとともに、予期せぬトラブルが発生した際にも迅速かつ的確に回復措置がとれるよう努めています。

サービス品質向上に向けた取り組み
  • 関連するSDGs
  • 関連するSDGs

サービス品質の向上に向けて、故障の未然防止や早期サービス回復への取り組みに努めています。故障の未然防止については、通信装置のパフォーマンスを日々チェックし、故障の予兆段階で速やかに対処を行っています。早期サービス回復については、故障原因等を踏まえた手順見直しや、さまざまな事態を想定した故障措置の訓練を繰り返し行っています。また、2006年10月23日〜25日に起こったひかり電話大規模故障から学んだ教訓を忘れないために、毎年10月23日から約1カ月間を「サービス品質向上強化月間」としています。この期間では、社員一人ひとりが、お客さまに末永くサービスをお使いいただくための具体的な行動として何ができるかを考え、実践することにより、さらなる品質向上に取り組んでいます。

NTT西日本グループの情報通信インフラ
  • 関連するSDGs
  • 関連するSDGs

大小さまざまな島々で形成される日本列島には、人の住む離島が421島あり、そのうちの8割強が西日本エリアにあります。NTT西日本グループでは、これらの島と島、島と本土の間の通信サービスを提供するため、約5,430kmにも及ぶ海底ケーブルを敷設し、日常の点検か ら故障修理に至る保守業務までを一貫して行っています。

  • NTT西日本グループの情報通信インフラ

セキュリティ人材の育成
  • 関連するSDGs
  • 関連するSDGs

NTTグループは、グループ内のセキュリティ人材育成強化として、2014年11月に、2020年度までに国内のセキュリティ人材を約2,500人から約1万人へ強化することを目標に掲げ、セキュリティ人材を開発・運用・コンサルの3つの人材タイプと、3段階の人材レベルに大別し、役割イメージに応じた人材育成施策をグループ各社で推進しています。NTT西日本グループにおいても、安心・安全な通信サービスを提供するためセキュリティ知識だけでなく実践力を高めるハンズオン研修やOJT、社外のセキュリティ関連団体との人材交流を進め、セキュリティ人材育成の強化に努めています。

■NTT西日本グループの情報セキュリティ人材数の推移(累計)
  2015年度 2016年度
SA・Aレベル資格認定者数(人) 197 394

ページの先頭へ