このページの本文へ移動

ここから本文です。

ホーム の中の 企業情報 の中の CSRの取り組み の中の CSR報告書2017 の中の イノベーションの創出による豊かな社会づくりの中の TOPIC:女性視点の改善がつくる全社員が働きやすい現場

CSRの取り組み

イノベーションの創出による豊かな社会づくり

TOPIC

  • 関連するSDGs

女性視点の改善がつくる全社員が働きやすい現場

■「現場環境改善プロジェクトチーム」が発足

NTT西日本グループでは、以前から力を入れていた「女性がより一層活躍できるような環境づくり」の一環として、2016年度、初めて全女性社員を対象にした「働きやすい職場づくりに向けたアンケート」を実施しました。その結果、女性社員が現場作業時に感じるさまざまな課題が浮上したため、NTTフィールドテクノでは、女性社員11人で構成された「現場環境改善プロジェクトチーム」を発足することになりました。

まず、各支店の現場から“声”を収集し、そこで集まった「工具が重くて扱いにくい」「作業時に高い場所に手が届かない」等工具・工法に関する意見や「汗染みや汚れが目立つ」といったユニフォームに関する意見等をもとに改善活動に取り組みました。中でも、刺激になったのは、引越事業者の女性社員との技術交流会です。宅内での作業であり、男性社員中心の現場といった共通点も多く、得難い情報・ノウハウを吸収できたと思っています。

■女性視点の改善をきっかけに、男性社員の意識にも変化

こうした活動は、男性社員からはその意義が見えにくいのではないかと思っていましたが、多くの男性社員も「工具が重く、腰に負担が掛かって大変だった」と、従来の環境等に対して不便に感じていたことがわかりました。女性活躍を目的として始まった取り組みでしたが、すべての作業者にとっての改善につながるということを実感しました。また、プロジェクトチームに参加したことで、業務や職場環境等についての情報を女性社員同士で共有できたのも貴重な経験でした。

当社の女性社員のように、組織の中で少数派の立場にある人が声をあげやすい環境をつくることが会社全体の活性化にもつながるのだと考え、今後も活動を継続して行っていきたいと思っています。

NTTフィールドテクノ KAIZEN推進室 平井 美樹子 NTTフィールドテクノ
設備部
KAIZEN推進室
平井 美樹子
  • 改良工具を使用したバケット車での作業 改良工具を使用したバケット車での作業
  • 職場環境改善の活動報告会 職場環境改善の活動報告会

ページの先頭へ