このページの本文へ移動

ここから本文です。

ホーム の中の 企業情報 の中の CSRの取り組み の中の CSR報告書2017 の中の 環境と共生した社会づくりの中の みどりいっぱいプロジェクトの推進

CSRの取り組み

環境と共生した社会づくり

みどりいっぱいプロジェクトの推進

基本的な考え方

自然環境との調和は、人類にとって重要な責務であると認識しています。社員一人ひとりが環境保全活動や生物多様性保全活動を通じ、豊かな地球環境を守っていくため、みどりいっぱいプロジェクトを推進しています。

みどりいっぱいプロジェクトの進捗
  • 関連するSDGs
  • 関連するSDGs
  • 関連するSDGs

参加者の年間目標全30府県、1万人、新規参加者の年間目標3,000人として、18府県、約2,000人から始まった活動は、2016年度はNTT西日本グループのサービス提供地域である全30府県、10,472人の活動となり、自治体・NPO法人等と連携した地域保全活動や、植樹活動 等が展開されました。今後も1万人をめざし、地域の生物多様性保全に積極的に取り組みます。

NTT西日本環境クリーン作戦 in 峰山

2016年5月14日に、香川県高松市にある峰山公園にて「2016 NTT西日本環境クリーン作戦 in 峰山」を開催しました。環境活動開始25周年(峰山公園での実施では20周年)を迎え、NTTグループおよび協力会社の社員・ご家族をはじめ、NTT OB会、日本公衆電話会の皆さま等、過去最多の総勢約330人の方に参加いただきました。今回は公園の落ち葉回収と芝生まわりの雑草の抜き取り等の清掃活動を行いました。回収した落ち葉を堆肥として作物や植物の栄養素として活用することで、「美しい自然を子どもたちに引き継ぐ一役になれば」という環境クリーン作戦の目的を達成することができました。

  • NTT西日本環境クリーン作戦 in 峰山

東山動植物園お花畑「花いっぱいプロジェクト」

2016年11月22日に、東山動植物園内の植物園において3回目となる「花いっぱいプロジェクト(春花壇づくり)」が開催され、総勢155人が参加しました。チューリップとパンジーの植え付けにより、色鮮やかな花が咲き並ぶ花壇に生まれ変わりました。また、オプションイベントとして実施した「里山づくり森林間伐」では、木々の一部を抜き伐る間引き作業を行いました。窮屈で薄暗かった森に根元にまで日が差し込むことで、今後は虫が生息し、鳥たちが立ち寄ることができるいきいきとした森へと生まれ変わります。今後は、正式な行事「里山づくり」として開催していく予定です。

  • 東山動植物園お花畑「花いっぱいプロジェクト」

ページの先頭へ