このページの本文へ移動

ここから本文です。

ホーム の中の 企業情報 の中の CSRの取り組みの中の 安心・安全な社会づくりの中の 事業を通じた価値創造の中の 地球環境に対する価値創造の中の 環境経営の推進

CSRの取り組み

事業を通じた価値創造

地球環境に対する価値創造

環境経営の推進

環境マネジメント推進体制

NTT西日本グループでは、「環境保護活動を推進することは社会とともにある企業の社会的責任である」という考えのもと、「NTT西日本グループ地球環境憲章」を制定し、地球環境の保全に努めています。

この憲章に従い、さまざまな環境貢献指標の管理方法をISO14001を参考に「実行管理プログラム」として編成し、数値による実行度の管理を行っています。

また、各組織における環境法規制の遵守状態、実行管理プログラムの実施状況など、環境保全対象の定着度を各組織が自ら検証することを目的として、環境セルフチェックを年1回実施しています。なお、この環境セルフチェックを客観的な見地から実施するため、監査部門による環境監査を実施しています。

NTT西日本グループ地球環境憲章

グリーンNTT西日本戦略

NTT西日本グループは電力エネルギーを大量に消費する企業として、自ら積極的に省エネルギーや環境問題に取り組んでいくため、

  • ●環境グランドデザインの実現
    自らの環境負荷を低減することで社会に貢献します。
  • ●環境・エネルギー事業の展開
    ICT利活用による事業活動の展開で環境に貢献します。
  • ●生物多様性保全活動の推進
    社員一人ひとりが、地域の生物多様性保護へ貢献します。
    を柱としたグリーンNTT西日本戦略を2012年6月に策定しました。

「環境グランドデザイン」

NTT西日本グループでは、低炭素社会の実現と、循環型社会の形成に向けて、とくに電力使用量削減目標と紙使用量削減目標ならびに廃棄物最終処分率目標を「環境グランドデザイン」として策定しています。

環境グランドデザイン

電力使用量削減

  • ●2010年度と比較し、2020年度には自責電力を40%以上
    総電力を20%以上削減

紙資源削減

  • ●2008年度と比較し、2020年度には総紙使用量を40%以上削減、一人あたりの事務用紙使用は50%以上削減
    (参考)
    2008年度の総紙使用量は3.99万t
    2008年度の一人あたりの事務用紙使用量は0.99万枚

廃棄物削減

  • ●2020年度には全廃棄物合計の最終処分率を1.0%(ゼロエミッション)
    (参考)2008年度の最終処分率は2.1%
  • ●撤去した通信設備廃棄物については、最終処分率0.1%を維持
  • 国連大学が提唱した構想で、産業から排出される全ての廃棄物や副産物がほかの産業の資源として活用され、全体として廃棄物を生み出さない生産をめざそうとするもの。NTT西日本グループでは、最終処分率1%以下をゼロエミッションと定義。

ページの先頭へ