このページの本文へ移動

ここから本文です。

ホーム の中の 企業情報 の中の CSRの取り組みの中の NTT西日本グループのCSRの中の CSR活動の考え方

CSRの取り組み

NTT西日本グループのCSR

CSR活動の考え方

NTT西日本グループでは、「今一度、CSR活動について考える」をキーワードに、コンプライアンスを基本(前提)とした「NTT西日本グループCSR活動の3つの柱」を構築・実践し、CSR活動を推進しています。

「西日本スピリッツ」を原点に

「西日本スピリッツ」は、NTT西日本の創業時に、企業理念として策定し、NTT西日本グループとしての使命・社会的役割・目標、行動指針および行動規範を明示しているものであり、CSR活動をはじめとした会社の根幹となるものと考えています。

CSR活動の3つの柱を重視して

NTT西日本グループのCSRは、創業時に策定した企業理念「西日本スピリッツ」をベースに、活動の原点となる「コンプライアンスの徹底」を第一に、2つめには社会から期待される「安心・安全な社会づくり」、3つめには「事業を通じた価値創造」を3つの柱としてさまざまな活動を推進し、持続可能な社会の発展に貢献します。

NTTグループCSR憲章

CSRメッセージ

私たちNTTグループは、お客さまの”バリューパートナー”として、最高のサービスと信頼を提供し、“コミュニケーション”を通じて、人と社会と地球がつながる安心・安全で豊かな社会の実現に貢献します。

CSRテーマ

人と社会のコミュニケーション

私たちは、社会の持続的発展のため、革新的ICTを開発・提供することでより豊かで便利なコミュニケーション環境を実現し、国内外のさまざまな社会的課題の解決に貢献します。

人と地球のコミュニケーション

私たちは、グループ事業全体にわたって環境負荷を低減し、ICTの利活用による社会全体の環境負荷低減に取り組み、さまざまな地球規模での環境問題の解決に努めます。

安心・安全なコミュニケーション

私たちは、社会を支え生活を守る重要なインフラを提供する企業グループとして、社会的・倫理的な課題の克服に真摯に取り組み、情報セキュリティの確保や災害・サイバー攻撃にも強い安心・安全なコミュニケーション環境を提供します。

チームNTTのコミュニケーション

私たちは、 “チームNTT”として、さまざまなパートナーの皆さまとともに高い倫理観と人権意識を持って事業に取り組み、ダイバーシティを尊重した働きやすい職場環境の整備や個の成長に努め、豊かな地域社会づくりに貢献します。

(2016年5月12日改定)

西日本スピリッツ

西日本スピリッツ
  • 1.[主体]
  • 2.[闘う武器]
  • 3.[闘うフィールド]
  • 4.[めざす状態・目標]

私たちNTT西日本グループは
技術と知恵で
世界に広がる情報流通の
エクセレントカンパニーをめざします

行動指針
【お客さま第一】
『姿勢』はお客さま第一
【個】
『原点』は「個」の自立
【知恵】
『使うべき』は知恵
【コミュニケーション】
『推進力』はコミュニケーション
【革新】
『成長』は日々革新
【プロフェッショナル】
『めざす』はプロフェッショナル
行動規範
【1】 お客さまへ
私たちは、お客さまのプライバシーを尊重して、お客さまの情報を責任を持って管理し、また、お客さまに対して、誠意を持って対応します。
【2】 株 主へ
私たちは、株主の期待に応えられるように、信頼される会計手続きに基づき、経営状況を適時・適切に公開します。
【3】 取引先へ
私たちは、取引先の選定は価格・品質・サービス等を基準に行い、取引先と誠実に対応します。
【4】 社員として
私たちは、情報流通を業とする立場として、法律と会社のルールを遵守し、人権を尊重します。
【5】 社会の中で
私たちは、地域社会の一員として、常に環境問題に配慮して、社会への貢献に努めます。

CSR活動3つの柱

NTT西日本グループCSR活動の3つの柱

ページの先頭へ