このページの本文へ移動

ここから本文です。

ホーム の中の NTT西日本のアライアンスへの取り組み の中の アライアンス事例一覧 の中の 企業広告「和傘の町 篇」

企業広告「和傘の町 篇」

今回のテーマは「伝統産業 ×ICT」。
和傘の町を舞台に自治体職員と NTT 西日本社員が 和傘工房の職人とともに、ICT を活用しながら 伝統産業のさらなる発展に取り組む姿を描いています。

新卒採用サイトでは、別バージョンの動画もご覧いただけます。

和傘の町
※CM ストーリーはフィクションです。

新卒採用サイトで動画を見る

お客さまにおすすめの事例があります!

ほんとにあった?! 地方創生ものがたり

今回ロケ地としてご協力いただいたのは、大分県中津市の「和傘工房 朱夏」さん。実はこの小さな工房にもTVCMに負けないくらいの熱い地方創生のものがたりがあった?!代表の今吉さんにお話を伺いました。

今吉次郎さん
「和傘工房 朱夏」代表 今吉次郎さん

横浜で仕事をしていましたが、父の病気をきっかけに22年前、故郷中津へUターンしました。それからは家業である不動産業の傍らで、中津の町おこしに積極的に参加してきました。そんななか、江戸時代から続く中津和傘の工房が後継者不足から廃業に。地元の伝統が廃れてしまうのはよくないと一念発起して立ち上げたのがこの「和傘工房 朱夏」です。

まったくの素人だったため、たくさんの失敗を経験しましたが、苦労の末に和傘作りの技術を習得。それ以来、伝統の和傘はもちろんのこと、和傘あんどん(CMに登場した「和傘ランプ」のモデル)や和日傘など、伝統的でありながらも時代にマッチした新しい和傘に常にチャレンジしてきました。

いまも試行錯誤しながら、この小さな工房から和傘の魅力を発信し続けています。それによって、少しでも中津の町が元気になり、子どもたちに誇りに思ってもらえるような故郷になることを願っています。

「和傘工房 朱夏」HP


アライアンスに関するご相談・お問い合わせはこちら

審査 16-1910-1

ページの先頭へ