このページの本文へ移動

ここから本文です。

ホーム  NTT西日本グループのSDGsへの取り組み  トップメッセージ

トップメッセージ

NTT西日本代表取締役社長 村尾和俊の写真

私たちは、社会の課題解決に貢献する企業をめざします

私たちを取り巻く社会は、少子高齢化、地域格差、自然災害、インフラ老朽化をはじめ、教育、保育、医療、観光、農業等、さまざまな分野で課題が顕在化するとともに、高度化、複雑化しています。

このような中、2015年、国連においてSDGs(持続可能な開発目標)が採択されましたが、今や企業には、経済的発展だけではなく、さまざまな社会課題の解決への貢献が強く求められています。

NTT西日本グループでは、ICTが社会課題の解決に重要な役割を担っているとの考えのもと、「社会の課題解決に貢献する企業」との事業方針に則り、SDGsの動向も踏まえ、2017年、CSR活動方針の見直しを行いました。

新たなCSR活動方針では、事業活動を通じて社会課題の解決を図るとともに、電力消費等、事業活動により生じる負の影響を最小化することで、社会の持続的発展や人と社会と地球がつながる安心・安全で豊かな地域社会の実現に貢献していくことをめざしており、具体的には「人・モノ・地域がつながる安心・安全な社会づくり」、「イノベーションの創出による豊かな社会づくり」、「環境と共生した社会づくり」、「いきいきと輝く社会づくり」、「コンプライアンスの徹底」の5つのCSRテーマを掲げ、CSR経営を推進していくこととしています。

私たちは、事業活動を通じてSDGsに貢献していきます

NTTグループは2016年9月にSDGsへの賛同を表明しましたが、NTT西日本グループにおいても、「社会の課題解決をめざす」という事業方針そのものがSDGsの実現につながることから、日頃の事業活動を通じてSDGsへの取り組みを積極的に推進していくこととしています。この点をよりわかりやすくステークホルダーの皆さまにお伝えするため、「NTT西日本グループCSR報告書2017」では、NTT西日本グループの事業活動とSDGsの関連付けを行うこととしました。

また、NTT西日本グループ内においても、経営幹部が率先してSDGsの取り組みを推進するとともに、社員に対しては、eラーニングによる理解促進、ホームページ・ポスター・ポケットカード(社員全員が携行)等の啓発活動を展開することにより、NTT西日本グループをあげてSDGsを推進していきます。

CSR経営を加速させ、ステークホルダーの皆さまと歩み続けます

私たちは、2016年度に策定した中期経営戦略「飛躍のステージへ」に基づき、NTT西日本グループの総力をあげ、さらにはパートナー企業の皆さまとも協力しながら、新たなCSR活動方針に沿ったさまざまな活動によりCSR経営を加速させ、社会の持続的発展や安心・安全で豊かな地域社会の実現に貢献していきます。

西日本電信電話株式会社
代表取締役社長
村尾和俊

ページの先頭へ