このページの本文へ移動

ここから本文です。

ホーム  NTT西日本グループのSDGsへの取り組み  環境と共生した社会づくり
環境と共生した社会づくり

低炭素化社会の推進

環境負荷に配慮したビル建設(新京橋ビル)

  • 7 エネルギーをみんなにそしてクリーンに
  • 13 気候変動に具体的な対策を

NTT西日本はエコ・省エネルギー対策の一環として、新京橋ビルを建設しました。主な特徴は、エネルギーに頼らない自然換気、貯蔵雨水の再利用、LED証明搭載、自然彩光の利用、地中熱の利用など、ビル全体通じて環境負荷の低減を図っています。これにより省エネ無対応ビル(CASBEEレベル3)と比較して、エネルギー量で48%削減、ライフサイクルCO2で33%削減の効果が見込めます。今後はICT技術を活用したスマートビル化を検討していきます。

NTT新京橋ビル

グリーンNTT西日本戦略・環境グランドデザイン達成に向けた取り組み(電力使用量削減)

  • 7 エネルギーをみんなにそしてクリーンに
  • 13 気候変動に具体的な対策を

グリーンNTT西日本戦略

NTT西日本グループは電力エネルギーを大量に消費する企業として、自ら積極的に省エネルギーや環境問題に取り組んでいくため、以下を柱としたグリーンNTT西日本戦略を2012年6月に策定しました。

環境グランドデザインの実現

自らの環境負荷を低減することで社会に貢献します。

環境・エネルギー事業の展開

ICT利活用による事業活動の展開で環境に貢献します。

生物多様性保全活動の推進

社員一人ひとりが、地域の生物多様性保護へ貢献します。

HEMS 光BOX+を利用したエコ住宅

  • 7 エネルギーをみんなにそしてクリーンに
  • 13 気候変動に具体的な対策を

テレビに接続して、動画やゲーム・インターネットなどを楽しむ「光BOX+」。
そのEMS版モデルなら、テレビモニターでのエネルギー使用量の「見える化」や、スマートフォンによる家電製品の制御・管理が可能です。

楽しく便利な“未来のエコライフ”をサポート 〜光BOX+(EMS版)HEMS機能〜
光BOX+を活用した「電力の見える化」「家電操作」でエコライフをサポート

「ソリューション環境ラベルの認定取得」

  • 7 エネルギーをみんなにそしてクリーンに
  • 13 気候変動に具体的な対策を

NTTグループでは、ICTによる環境貢献をお客さまにわかりやすく伝え、環境への取り組みを促進するために、「ソリューション環境ラベル」を策定し、2009年度から運用しています。
2016年度、NTT西日本グループでは、NTT西日本の「フレッツ光」NTTスマイルエナジーの「産業用/住宅用エコめがね」NTTスマートコネクトの「スマートコネクトVPS」 で、ソリューション環境ラベルを認定取得しました。
認定基準は、「CO2排出量の削減量を定量的に評価した時に、その削減率が15%を超えるもの」としています。

「ソリューション環境ラベル」について詳しくはこちら

資源循環型社会の推進

グリーンNTT西日本戦略・環境グランドデザイン達成に向けた取り組み(資源・廃棄物削減、ICTを利活用した環境負荷低減社会貢献)

  • 11 住み続けられるまちづくりを
  • 12 つくる責任つかう責任
  • 13 気候変動に具体的な対策を

環境グランドデザイン

NTT西日本グループでは、低炭素社会の実現と、循環型社会の形成に向けて、とくに電力使用量削減量目標と紙使用量削減目標ならびに廃棄物最終処分率目標を「環境グランドデザイン」として策定しています。

生物多様性の保全

みどりいっぱいプロジェクトの推進

川の水質浄化、周辺の美化活動

  • 6 安全な水とトイレを世界中に

2017年8月7日、NTT西日本岐阜グループは、長良川を美しくしよう運動の会が主催する「第2回 長良川を美しくしよう運動」に参加しました。この運動は、岐阜新聞・岐阜放送が「アイ・ラブ・ぎふ」の実践活動として提唱し、年3回実施している清掃活動です。 当日は休日にもかかわらず、朝6時に岐阜グループから社員とその家族、退職者を含めた総勢121名が集まり、清掃活動を行いました。長良川がいつまでも美しく、生物が住み続けられる環境を維持するためにNTT西日本岐阜グループは、今後も環境保全・清掃活動に取り組んでいきます。


LINE 239 「ぎふのみどりいっぱいプロジェクト」〜長良川を美しくしよう運動に参加〜

海岸クリーン活動への参加

  • 14 海の豊かさを守ろう

2017年5月21日、NTT西日本福岡グループは「環境クリーン作戦」として、市民・企業・行政の協力による地域環境美化活動「ラブアース・クリーンアップ2017」に参加しました。 この活動は地域の環境美化や自然環境保護および地域貢献活動の一環として、志賀島(しかのしま)海水浴場をはじめ、市内の海岸、河川、公園の約200会場で実施される大きな清掃活動であり、福岡グループの社員とその家族、退職者を含む総勢622名が参加しました。参加者は空き缶、ビン、ペットボトルなどの海水浴場に投棄されたゴミの他、波によって大量に打ち上げられた海藻等を分別回収し、さらに新入社員による「リヤカー隊」のごみ回収サポートもあって、砂浜は本来の美しさを取り戻すことができました。


LINE 218 「環境クリーン作戦」として「ラブアース・クリーンアップ2017」に参加

上賀茂神社・葵の植栽会、堺・植樹活動、海岸松林保全

  • 15 陸の豊かさも守ろう

生物多様性条約第10回締約国会議(名古屋:2010年10月18日)を受け、NTT西日本グループ(NTTグループ)地球環境憲章に生物多様性保全に関する条文を追加(2010年12月13日)、生物多様性の保全に向けて、NTTグループのマンパワーを活かした「Green With Team NTT」活動の一環として、2010年度から「NTT西日本グループ植樹プロジェクト」と「NTT西日本グループ葵プロジェクト」を開始しています。

ニッポンバラタナゴの保護

  • 15 陸の豊かさも守ろう

2017年6月3日、NTT西日本奈良グループは、2011年度より協力している生物多様性保全活動の一環として、近畿大学農学部がキャンパス敷地内で実施している絶滅危惧種「ニッポンバラタナゴ」の保護並びに保護池周辺の里山修復活動に参加しました。
今年度第1回目の活動は、奈良グループをはじめ、各グループ会社の社員とその家族、近畿大学の学生を含む、約60名の方にご参加いただき、「保護池周辺の環境整備(草木の伐採)」と「田植え」を実施しました。NTT西日本奈良グループでは、一人でも多くの社員やその家族の方々に参加していただけるように「絶滅危惧種ニッポンバラタナゴ保護・里山修復活動」を、象徴的な取り組みとして継続していきます。


LINE 223 絶滅危惧種ニッポンバラタナゴ保護・里山修復活動

ページの先頭へ